俳優や裏方に疎い人の所感

刀ミュ他2.5をのんびり追っかけてる人のただの感想

大演練関連雑誌インタビューへの所感

いつかの未来にそれがありますように……。

 

CUTとStage fanとan・an買ったのでその感想。

率直に辛辣なことも言うかと思います……。

繊細お気持ちヤクザがいるなくらいの気持ちでどうぞ。

先ずはかなり大演練特集を組んでくれて初期刀6人にインタビューしてくれたCUTから。

 

CUT

黒羽麻璃央麻璃央×鈴木拡樹対談

役者としての先輩後輩のクロストークって感じですよね。ほのぼの。そういえば私は2.5次元男子推しTV見てません。そのうちU-NEXTに来たら見ます。

私常にステを見る時に鈴木さんの三日月解釈との解釈違いに苦しんできたんですけど、このインタビューでの三日月の解釈を見てそういうところが苦手だったのかな。とちょっと理解が進んだ気がします。

やっぱりインタビュー見ると分析が進みますね。

とりあえず本丸での『人間味ある印象で作る』ってところが、ああ違うなあ。となったし戦闘時の『鉄を感じさせる冷たい瞬間を作る』にもそうかあ。となった。

私はあくまでも三日月宗近という刀剣男士を刀や人間に寄せられるよりもカミサマに寄せられる方が好きなんですよね。

などと分析が進む進む。だから色気があるとか綺麗な刀ミュが好みに合うんですよね。

とより考えが強化されました。

私は阿津賀志山で三日月がうたかたの子守唄で舞っている姿こそ美しい三日月の姿だと思った人間なので、ある意味あそこの三日月が舞う三日月の原点みたいなところありますね。

そういえば改めて2人が並んでいる写真を見ると身長差やっぱり結構あるな……となりました。いやまあ前々から鈴木さんの背低い(別に特別低いわけではない)なあとは思ってたんですけど、同キャラの役者が並ぶとよりね、身長差が明確になるなあと思いました。

陸奥守吉行役 蒼木陣

慈伝で拝見しました。維伝は未視聴です。

歌合を見てくださったことはありがたいんですけど維伝終わってるんだから『結びの響、始まりの音』を見てくださいよ……。

本当に歌合という複数脚本家によるオムニバスとライブの陸奥守吉行が田村さんの陸奥守の全てじゃないんで……『響音』見てから自分の陸奥守と田村さんの陸奥守を比べてください……。

維伝のストーリーが重めだったって語ってますけど、『響音』の陸奥守のポジションも普通に重めですが!?

それでいてあの明るさだからミュ陸奥守のメンタルを気にかける人が多いんですが!?

と詰め寄りたくなりました。

いや本当に歌合っていう番外編でキャラをわかったように言わないでくれ……ってなるんです。素人ならいいですよ別にそれでも。そこを取っかかりに過去作も見てくれたらいいな~ってだけです。でも少なくとも蒼木さんは演技者だし、同役を別舞台でやっていらっしゃる方にもかかわらず「それ」なの? というガッカリがインタビューを読んでありました。

維伝前維伝中ならわかるんですよ。影響受けたくないから見ないというのは。でも終わってるじゃん!大演練まであと3週間切ってるようなタイミングで発売される雑誌のインタビューでこれかあ……と。

蒼木さん田村さんのツイートで良い人そうだなあと思っていただけに……歌合だけかあ……せめて作品名出さずに言ってくれてたらマシだったなあ……みたいな……そんなもやもやを抱える記事でした。

陸奥守吉行役 田村心

心くんが『刀ミュの陸奥守は明るい』と思っているのを見て別にそれは間違いじゃないよなあ、と思いました。同時に陸奥守が続編でまた登場したあとに響音を再演したらきっと深みは出るだろうなとも。

すくなくとも響音を見た時点で陸奥守には既になにかしら心の整理がつくような出来事があったか、そもそもそうした難しいところに距離を置いて振る舞うだけの精神的に成熟している部分があるのかなと思えたので。

本丸で明るく振る舞っていても言葉の端々からは明るいだけではないのが伝わってきていたので、今後の陸奥守の境遇や環境がどうなるのかなあとインタビューを見て思いました。

響音の頃はまだ俳優としてのキャリアが浅かったでしょうが、最遊記やヒロステなどにも出演して経験値増えているので新作に陸奥守が再登場するのも楽しみですね。

山姥切国広役 荒牧慶彦

もう大演練はなくなっちゃったね……。控えの間はトーク番組のようなので(まだどうなるか詳細は不明だけど)ね。少なくとも歌ったりというのは無いでしょうね。

私個人としては番傘くるくるする73人見て見たかったな!

きっとこの人数で番傘くるくるは普通にフォーメーションの面で見ても壮観だろうなあって思って。

刀剣乱舞は……ちょっと無理がある(らぶフェスでもアレンジとかで無茶があった)から、そこは非同意だけどね。

荒牧さんが『刀ステのほうがよりお芝居重視というか。各刀剣男士の葛藤に歴史上の人物も織り交ぜてシリアスな面を表現しているような気がします。刀ミュは歌やダンスという刀ステにはない表現で物語りを伝え、観にきてくれた方を純粋に楽しませてくれる。と仰っていますがそれはちょっと違うんじゃないかな? と思いました。

刀ミュも一部では葛藤と歴史上人物の生き方やその死に方を真摯に表現していて、実際一部が終わったときの会場には涙に濡れる方も大変多かったわけですし。ただ楽しませるだけじゃなくて感じ入るところは感じ入られるようになっていると思います。

二部でメンタルリセットかかってるだけだから。

あと私はステの人が映画に出ることにもちょっとな……だったくらいには別本丸なら別本丸の役者による新しいキャラを見て見たい派です。

だいぶ役に入りやすくなったと言う。

加州清光役 佐藤流司

私も亀甲くん大好き!!!!!!!!(宣言)

加州のスイッチを入れるのが難しいと言う。

『つかみきるって、2.5次元では不可能なことだと思うんです。100人いたら100人の見方と解釈がある。『100%ドンピシャです』って全員に言われるっていうのは無理だけど(攻略)』

なるべく多くの人に認められるように努力するのが大事と言う。

これがテニミュ経験者の言葉かあ……ってなった。いやもう本当にね常々彼のインタビューは客観的だなあと思っていたんですが、ここに来てもそうで本当に驚くというか驚嘆するというか。

加州を難しいと言い続け、認められるのも難しいと言う。

言ってることはもっともなんですよね。特に刀剣乱舞というジャンルにおいては。人によってキャラ解釈の幅がかなりありますもん。だからそう言うのはわかるし、当然だとも思うんですけどもっと加州に自信持っていいよ!? という気持ちも生まれるわけですよ。

凄いことなんですけどね、常に自分の演技が観客にどう思われるか考えるってのは。

歌仙兼定役 和田琢磨

歌仙と蜂須賀を並べたくなるのは初期からの審神者あるあるだと思います。

なにしろ初期刀・紫の髪の短髪長髪・物腰穏やかで丁寧・名家の刀剣で美的感覚良さそうの共通点があるからね!!(個人の認識)あと畑当番嫌がるコンビ笑

和田さんが仰ってる『お客様が安心してドキドキできる』というのは確かに刀ミュにはそういう空気があるかもしれないなあと思います。

脚本家のカラーなんでしょうね。ミュージカル/ストレートプレイの違いというよりも。

そして私はそういう御笠ノさんが作る刀ミュ本丸の物語が好きなのでした。

蜂須賀虎徹役 高橋健介

東京ドームに立ってほしかったぁ!泣

ご家族大好きだから本当に東京ドームに来ていただいて金色の姿を見てもらいたかった……。はっ両国から水道橋って電車で10分程度なの!? ちかっ!ちかっ!!

蜂須賀を演じるうえで日常的に姿勢良く歩いてみようとか気にしてるみたいだけど、あなたそもそもウルトラマン(大地は研究職だけど姿勢いいよね)だから姿勢悪い感じは子供み見せられなくないですか?笑

――蜂須賀虎徹を今は何%くらい演じきれてると感じていますか?

「もう100%じゃないですかね。みなさんの理想の蜂須賀虎徹に対して100%かと言うとまた別の話になりますけど(攻略)」

私はあなたのそういうところが大好き。

ずっとやっている役に対してこうやって自信を持つのも役者として大事だろうなって思うから。少なくとも自分の中でこうという役に対する一本芯が通っているならそれはそれで安心や安定感に繋がると思うから。

それにちゃんと観客にとってのキャラとは分けて考えられているのでいいですよね。そこの分別ついている上で自分の中の蜂須賀は100%やれてる! というのは強い。

天狼傳幕が上がるといいなあ。

茅野イサム×末満健一×御笠ノ忠次鼎談

やっぱり事前にお伺いみたいなのたててたんだなあとなりましたね。まあそうだろうなという気はしてましたけど。

「これ次にやりたいんですけど」→「それ次の刀ミュでやりますね」/「前回向こうでやってますね」

っていうのはまあ単純に作品を作る側としてはうわっ大変そう……となります。

科白劇の方に女性がメインの歴史上の人物として起用されたことは本当に凄いと思ったし私もこれで刀ミュの方に女性の歴史上人物メインで来てくれないかなあ!!!!って素直に思いましたね。

女性の歴史上人物2、3人くらい出してほしいし太鼓叩いてほしい。いやまあ琴や三味線でもいいけど。

刀ミュはアイドル売りしてるから~という意見を見るけど「本編はアイドルじゃないじゃん!」って話なんですよ。歴史上の人物で女性の活躍だって目を瞠る物があってそこに刀剣の歴史も重なってないはずがないのに刀ミュだから女性はいらないはなんというか差別的というか保守的じゃないかってなるんですよね。

そもそも刀剣男士はアイドルのようであっても別にこれまで出演している歴史上の人物はアイドル売りしてないし……というものもあって何故そこでごちゃごちゃケチがつくのか不思議なんですよね。

それこそ2.5としての垣根を打ち壊そうとしている刀ミュだからこそ女性をメインに持ってくる物語も今後はあっても良いと思うんですよ。

あ、勿論双騎の手法はそれはそれで好きなんですよ。でもそれとはまた試みが違うと思うので本当に是非女性キャストも来て欲しい。ちなみにつはものの時の扇を上げた女房役は男性アンサンブルさんです。

御笠ノさんが『同じシリーズなのに作家星がまったく違うから、末満さんのオリジナル作品を楽しむように刀ステを見た』(意訳)と答えていますが、多分私が刀ステにハマれなかった答えがソレなんだろうなあと感じました。

黒羽さんの三日月を茅野さんが『美しさとか、滲み出る愛嬌とか、清潔さとか』と言ってますが本当にそれが黒羽さんであり黒羽さんの三日月(ヒトに寄り添うカミサマという感じ)の良さなのだよなあとなります。だから逆にルキーニやれなかったのがっ惜しいっ……!多分ルキーニをやったら狂気的ななにかも取り込めたんじゃないかなって……。

『観る人に勇気と元気を与えたいです』というニトロプラスの言葉には本当にありがとうねと言いたい。刀ミュがあるから生きていけてる。

 

Stage fan

染谷俊之 健人 岡宮来夢

ええ………………来夢くんかわいい………………………………(語彙消失)

 

いや本当にマジでこれ強すぎる。なんかちょっと読み進める度に来夢くんの可愛さを実感する。文字でもこんなに可愛いじゃん?なのに動いて喋るともっっっっっっっっっっっっっっっと可愛いんですよ???? やばくない?

刀ミュ界の可愛さ部門のリーサル・ウェポンだよ。

この可愛さだけでマジで8時間睡眠も余裕だよ。

自律神経も整っちゃうよ。

 

真面目に言うと私は来夢くんの鶴丸国永解釈が滅茶苦茶に大好きなんですよ。枕も布団も最高級にバッチリ身体に合っちゃって完全に離れられない魅力と魔力を持っている。という感じなんですよ来夢くんの鶴丸は。

それで役者にも演出家さんにもCUTのインタビューで「見ちゃうと影響を受けるから見ない」という選択をしている方々が普通にいるんですよ。

でも来夢くんは刀ステを見たうえでちゃんと刀ステの鶴丸たちと差別化できてるんですよね。それは勿論脚本において鶴丸が担う役割が異なるから、というのもあるでしょう。あと私はパライソ見てないのでパライソの話は知らん。

この差別化は来夢くんが初心者で、だからこその演技指導がみっちり行われただろうことも影響しているのだろうなと思います。

でも若いのに多面性のある鶴丸を刀ステとはさらに異なる方向性で表現しようと努力してきた彼には本当に感動します。

あえて見ないという選択をせず、見て吸収できるところはして、自分のものにするというのがもう凄い。尊敬します。これからの演劇生活では勿論それをできなくなることもあるかもしれませんが、そうなる頃には彼自身の演技の幅が広がっているだろうなと思えます。

がんばれ来夢くん。あなたの努力はとても凄いものです。

 

an・an蔵出しカット公開

  • シーってしてる三日月美しすぎない?
  • 座って袷がちょっと崩れてる小狐よくない?
  • いやマジで横顔の強さがヤバイ石切丸
  • こうやってフードに手をかけてるフードキャラなんか好きなんですよね
  • ジャンプする今剣マジ小天狗
  • 下駄を抱えて首を傾げてる今剣の無垢さisなに??
  • この長い髪の揺れ動く瞬間を捉えているのが最高に好きなんです
  • 髭膝の黒背景マジで同化するからやめてくれ笑
  • 髭切のジャケットふわってなってる瞬間好き
  • 膝丸の刀構えながらこの横顔のカットはなんだか珍しく感じる
  • ひとりひとりへの煽り文みたいなのがセンスいいなってなる