俳優や裏方に疎い人の所感

刀ミュ他2.5をのんびり追っかけてる人のただの感想

推し初バスツアーイベントにぼっちでイベント初参戦した話

どうも、推しのバスツアーに軽率に申し込んだら当選してしまって軽率に料金を支払ってうきうきと当日を楽しみにしていたら実は日付を間違えていて慌てて休みをもぎ取って推しのバスツアーどころかそもそもリアルイベント初参加だった審神者です。

こうしたリアルイベント系は実のところ声優などのも参加したことがなく、本当にイベントヴァージンという感じでドキドキでした。

ちょっと出発当日までばたばたしてしまい、出発日当日の朝4時までかけて書いたファンレターを忘れるとかいうやらかしをしてしまい、これ以上の失敗はないやろ!!といっそ開き直りながら夜行バスで東京に向かいました。

結構ちゃんと眠れました。(そりゃー朝4時までファンレター書いてたしな)

そしてバスツアー集合場所である鍛冶橋駐車場で待つこと暫し。

ここで審神者、筆記用具も忘れていることに気づく。保険証も忘れていたが、まあ保険証使う事態にならんやろと余裕をぶっこく。皆様はきちんと忘れ物のないようにきちんと所持品のチェックをしましょう。

筆記用具は結局近くのファミマに買いに行きまして、事なきをえました。

本当に予想外に書くタイミングが訪れたので、買ってなきゃ危なかったです。

だって最終的にアンケート記入がありましたからね!!(笑)

ということで写真からもおわかりの通りバスは3台でした。

審神者は2号車に乗りました。

内容の詳細はレポ禁止なので、詳細はぼかして書きますが、推しが乗っていない走行中は映像や音声が流れましたが、これがまた面白くて面白くて……。

音声の方はラジオ風だったんですけど、推しの思い出話とか聞きつつだったんですが話題(ネタ)の豊富さに拍手したかったです。

映像の方は……機械のせいなのか、音ずれの訪れがひどくて……まあある意味それもおもしろかったですけどね!

どうやら3号車さんの方では機材トラブルもあったみたいで途中でディスクの受け渡しをしたりもしてましたね。この機材トラブルが翌日にも影響するとは、この時は知る由もなかった。

ところで今更ですけど推しのバスツアーの正式名称、高橋健介 Presents 温泉旅 in 群馬ということでTKPOです。クリックで公式ページに飛びます。

推しが移動中も気を抜けない!と告知を出していましたが、本当に気が抜けない映像だった。気が抜けた音声は二日目のガラス工房への移動のときくらいです。なんで気が抜けたかは……参加者の方ならわかっていただけると思います。読み上げは、読み上げは……ハッ推しの朗読CDほしいな!?

高速道路のSAに立ち寄り、都度推しがバスを乗り換えて乗車。

2号車ではしりとりはやりませんでした!その代わり回答に窮した私は滅茶苦茶困りました!!以上!

推しが乗ってくるまでは胃腸が地獄。本当にストレスマッハすぎて気持ち悪さを感じつつ、推しがバスに乗ってきたらあまりにも推しが爽やかすぎてなんかもう全てが吹っ飛んだ。

マジで、なにもかもが吹っ飛んだ。

それまでの腹の痛みとか、きりきりするような胃の痛みとか、バクバクした心臓の音とか、もう本当にそういうの一切なくなった。

推しってすごーーーーい。

推しによる私の浄化タイムが始まった。

ちなみに往路では2号車の推し乗車時間が他より短かったらしい。翌日の復路でちょっと調整されたらしい。

推しが居る時間なんて基本的にあっという間だから、全然わからないよ~。

推しの生トークはやはり面白かったです。

SNS禁のぶっちゃけトークもありーので本当に笑った。すごい笑った。笑いすぎて顔が疲れた。

刀ミュキャストの名前も出しつつ申込みのときに記入した質問に答えたりなんかもして、あっという間でしたね。

最初の目的地体育館。

群馬めっちゃ暑いので体育館も中がしっかり暑かったです。

ここでやったこと、走り回るようなことはなかったので、運動嫌いマンである審神者は超安心しました!!よ、よかったーーーーーーー!ってなりました。

運動音痴への配慮ありがとうございます!

推しが面白いなら、参加者としてもよかったです^^

あと体育館イベントふたつ目は推しがめっちゃ格好良かったです……いや、あんな格好いい推しは惚れ直すしかない……。壁に貼りつくようにして見た推しの姿……格好良すぎて格好いいという以外の言葉が見つからない。

いや実際に何をしたのか言えたならもっと言葉を明確にできるんですけれども、さすがにそこまで言うのもよくないか?ってなっちゃうので、結局格好いいという言葉でしかざっくり表現できないっっ!!悔しい!!

本当にあの時あの瞬間の推し格好良かったし拍手するのに躊躇いなんてなかったし、私がソイヤー!してからのとう!が本当に格好良かったんだ……。忘れない。

(全然関係ないけどソイヤー!とか言うと歓喜の華が脳内で流れ出す)

体育館ラストイベントは参加者全員でのオリエンテーションみたいな感じでした。これはこれで楽しかったです。童心に返った気分……。

体育館イベントのあとはお宿に移動。

2号車は先にお部屋へ。

お宿が広くてちょっと迷ったんだぜ……。

バスでお隣の同室者さんがいなかったら、お部屋に行くまでもう少し時間かかったかもしれないぜ……。

バスツアーぼっちコミュ障でもお隣さんが良い人だと救われる(体験談)からみんな、ぼっちでも恐れず参加しよう。※夕食ぼっちで黙々と食べてました。

ぼっち参加者は5人部屋と思っていたら、びっくり4人部屋でした。わーお、驚き!

どうやらキャンセル?不参加の方がいたようです。(私のお夕食の席の隣が空席だった)

快適4人部屋ということでご挨拶して、ちょっと荷ほどきしつつ、お話しながら私物サイン会の会場に行く時間まで待機。という流れ。

私物サイン会はファンミーティングを行う会場で行いました。

ステージの上に推しがいて、順番にステージに上がってサインしてもらってステージを下りるという流れだったんですが、1号車の人たち部屋に行かずにサイン会会場に入ったわりに、サイン会始まってなくて、なにがあったんでしょう?

ただそういう待ち時間にも推しのオモシロトークが行われていたので、待ち時間長くなってもまあオッケー☆ミみたいなところありました。

ただこの会場冷房ちょっと効き過ぎて半袖だとちょっと冷えましたね……。

あとこういう整列して待つ、ためならこういうイスの並びでもよかったんですけど、その後のファンミーティングのときはイスをずらして並べてほしい気持ちもちょっとありました。それは後述。

私はまあ抽選前から散々どうしようこれでいいかな……と悩みつつもこれしかないともなっていた刀ミュ嚴島神社特別講演の写真集にサインをお願いしました。

宛名を自分の名前じゃないのにしたのは完全に推しへの愛が重すぎた。

モンペって自称してるからしょうがないね……。

いやでもぶっちゃけ私自分の名前を推しに認識されることに価値を見出してない人間だしそもそもバスツアーに参加しておきながら「モブになりたい……」「推しに認識されたくない……」「バスツアーの空気になりたい……」って思っている側だから宛名を描いて貰う段階で「え、あて、な……??え?自分の名前は嫌だ……」って真っ先になったものですから、宛名を書いてもらうならもうこれしかなかった。

そして推しには地獄のような画数で大変お手間を取って戴きありがとうございました。

その後お夕飯後にファンミーティング。

ファンミーティング!

はじめての ファンミーティング!!

若手俳優のイベントでよく聞くファンミなるものに今回初参加でした。

映像を見たんですけど、はー推し可愛い。そう思うと同時に押しのプレゼントボックスにそのうち靴が入ってるんじゃないかと思いました。

計算の甘い推しも可愛かった。

それと同時に押しの体育の成績がちょっと気になった。

いやでも運動部所属だったんだよなあ……。(iPhoneの首傾げ絵文字)

ファンミーティングも楽しかったです。数少ないメンズが私物ゲットとかできてるのも見て微笑ましかったです。いやでもあっちは私物っていうか……(iPhoneの首傾げ絵文字)

まあとにかく推しが努力して楽しませてくれる姿勢が大好きだなってなりました!

ファンミーティング楽しかった!

あと最後のジャンケンはあまりにも面白すぎた。面白すぎて涙出た。爆笑した。

ファンミーティングの内容を書けないのもきついな!?

滅茶苦茶内容全部書いてここが面白かった、これも面白かったって言いたいフラストレーションだけ溜まるからこれは全部ファンレターに叩きつけよう。

ただ本当にあのイスの並びはステージが低いだけにスクリーンの下部分が七割くらい見えなくて字幕が見えなかったのがやや残念。観客席みたいに頭と頭の隙間を意識して並べてほしかったけどこれはお宿側への要望なのだろうか?

 

お部屋訪問……。

推しの顔はやっぱり近くで見てもSUKIということしかわからない。

バスツアー初参加だから言わせてくれ。

推しとこんなに近くに接近してお部屋に一緒にいてお喋りできるのすごすぎて意味わからん。

え、マジでみんなバスツアーで毎回こんな体験しててよく生きてるな??

私は推しが目の前にいる間のことは現実と認識できてないから生きてます。ほら夢の中でなら殺されたり取り憑かれたり高所から飛び降りたりしても平気でしょ。あんな感じ。

推しの顔面好きだし、あのしゃべりも好きなんだよなあ……あと声も好き。私がいる空間に入って来てくれてありがとう。

わりかしメンズとどんな話をしたのかが気になりまくりです。

 

翌日はサンドブラストグラス作成。

シールを貼って作業している間は、推しが前で作業したりだったんですけど……そういえば私、体育館でもここでも最前列で推しを間近に見ることができたな……。ヒエエェェェ。

しかし推しが真ん前の真ん中にいるのに、シールを取りにまっしぐらで推しに目もくれない仲間たちには笑いました。ほんと笑える~!

そしてここのスタッフさんと推しのボケツッコミが面白すぎた……。そっちが本番かな??ってくらいに面白かったです。Tさん。

こちらで作ったサンドブラストグラスは帰宅してから、度々使用しております。

使える記念品はありがたいですね。

そしてこの日はこれだけ。

これが終わってからはあとは東京に向けて帰路に就きました。

バスの機材不良のせいで3号車に乗り換えるローテで推しのトークを聞きつつの帰路で小雨がぱらつき、東京に近づくと雨が強くなりました。

そして推しがバスから下りてお別れのあとは、最後の車内映像を見て、感動して、東京駅について、下りる前のお別れの言葉に感動して、解散。

 

夢そのものなバスツアー一泊二日が予定より早く終了してしまい、びっくりです。

同室者さんたちとも駅でお別れし、私はと言えば予約した新幹線が余裕を持った時間だったため、数時間を東京駅構内で潰すことになるのでした……。

ちなみに推しの物販で購入したブロマイドはまだ整理してません。専用のアルバムほしい……。

あと感想ファンレターもまだ書き終わりが見えないからさっさと書いて事務所に出してください。