読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俳優や裏方に疎い人の所感

刀剣乱舞2.5次元(主にミュ)をのんびり追っかけてる人の感想

ミュージカル刀剣乱舞in嚴島神社

メモ 刀ミュ嚴島神社公演

期間限定ですが再配信がGyaOで行われます!(11月17日で再配信は終了しました)

gyao.yahoo.co.jp

配信期間は11月14日13時~17日13時までとなっております。

見逃した方や、生配信が終わってから気になったという方は是非どうぞ!

ただ単品購入は14日13時~15日13時までと期間がプレミアムGyaOより短いようなのでご注意ください。

写真集が発売されます!

musical-toukenranbu.jp

特典が楽しみですね。勿論予約します。

白い衣装が素敵だったのだから、感謝ともっとじっくり紙で見たいので買いです。

 

セットリスト

M1「まほろばに」(新曲)
M2「Endless Night」(阿津賀志山異聞2部より)
M3「名残月」(阿津賀志山異聞1部より)
M4「返歌名残月」(阿津賀志山異聞1部より)
M5「理由の在り処」(幕末天狼傳1部より)
M6「手を伸ばせば」(幕末天狼傳1部より)
M7「選ばれぬ者」(幕末天狼傳1部より)
M8「きらきら」(阿津賀志山異聞1部より)
M9「うたかたの子守唄」(阿津賀志山異聞1部より)
M10「美しい悲劇」(幕末天狼傳2部より)
M11「Dear You」(幕末天狼傳2部より)
M12「サヨナラ」(トライアル公演2部より)
M13「えおえおあ」(阿津賀志山異聞2部より)
M14「ひとひらの風」(幕末天狼傳1部より)
M15「キミの詩」(阿津賀志山異聞1部より)
M16「刀剣乱舞」

*1

 

全員白い衣装で登場。基本的には通常衣装をベースにしている感じでしたけど、今剣はちょっと極衣装の要素もあったように感じました。

そして蜂須賀は天女でした。

いや、誇張とかなしに、天女でした!

腰の細さを強調する衣装の作りに加えて、コート部分から溢れる布のひらひらとした優雅さ。

加えて、内番のポニテ!!

ライブでもしていなかったポニテが!!真っ白な神事を執り行う装いと共に審神者を襲ったこの衝撃!!!!

ありがとうと感謝しかないです……本当に、いつもいつも刀ミュの運営は審神者をびっくり驚かせて、墓石を準備してくれます……。

本当にありがとう。

しかも、ねえ……しかもですよ……配信のカメラさんが蜂須賀に「えーい」って感じでぶつかりに行ってる国広を捉えてくれていたんですよ?

サヨナラの前のどっちかで。

<11/13追記>ここのやりとり本当に可愛かったです。顔見合わせて、にこにこしたままどーんとぶつかる国広と、それを背中で受け止める蜂須賀。

公演期間中こういった遣り取りが二部で増えたとは聞いていましたが、こうして嚴島の舞台でその様を見られると、9月に観劇した審神者としては感慨深いものがあると言いますか……蜂須賀が新撰組刀たちに馴染んだなと嬉しくなります。

そしてこの時の布の感じ!布の動き!好き。</追記>

時系列とかもう関係なく、感じたことをそのまま書きますけど、本当に推し二人が最高すぎた。

今剣は何度も舞台からぴょんって飛び降りてるし、しかも衣装が白なものだから、人外感マシマシで……。

まあ蜂須賀の内番ポニテ姿の白装束には本当に泣いて感動したんですけど。今剣は可愛いが振り切れてました。

<11/13追記>蜂須賀が本当に一番優雅で、美しかったです……。

三日月さんは優雅というよりも典雅でした。

今剣は童舞のように尊い。

石切丸は神社にある刀が神社でというシチュエーションが最強。

そんな感じの認識です。</追記>

えおえおあでは三日月が加わって一緒にえおえおあしていて、えおえおあのときのみんなの笑顔が尊い……。

白い衣装のえおえおあ……まぶしい。

それと、きらきら。きらきらのときの今剣の移動距離、すごかった……。

端から端まで走り回って……お疲れ様です、大平さん。

ばびゅーんと今剣やってくれるあなたが大好きです。

蜂須賀虎徹、本当に最高に美しくて、麗しい。審神者の初期刀は裾を翻す様も優雅でした。

ただやっぱり声量かな?歌声が三条とか国広たちに負けちゃうんで、頑張って!長曽祢も!

あ、長曽祢は衣装が衣装だから寒そうだなあと心配していたんですが、この白装束によって露出が減っていたので、良かったです。安心しました。

最終的には通常衣装になりましたけど!

色々感極まりすぎてなんかもう、全然言葉にならないんですけど……。

とりあえず和泉守兼定の一句を書き記します。

嚴島 いと美しき 嚴島

和泉守素面の一句。

兼さん…………(絶句)

<11/13追記>和泉守の羽織が浅葱色じゃなかったんですが、この羽織の色合いも好きです。落ち着いてますよね。

そしてその色が国広と同じ色というのが堪りません。

 さすがニコイチ。

 

この白い衣装と、嚴島神社という舞台だったからでしょうか。全員に鈴を持って欲しかったという気持ちがあとから湧いてきます。

でもそもそも新曲のときの一人ずつ登場するあの時点で鈴を持って欲しい、鈴の音が似合いそう、聞きたいという気持ちが生まれるに充分だったんですよね。

あの両腕を広げる仕草といい、袖を揺らす動きといい……神事だ……ってなるのにあそこの雰囲気は本当に充分すぎます。

そううだ、うたかたの子守唄のとき、小狐丸から先に歌うわけですが、その間石切丸が舞台の前で大太刀を振るっていて、石切丸が歌う番になると小狐丸と入れ替わって舞台に上がり、小狐丸が舞台の前で太刀を振るう……とやっていたんですが……。

格好良かった……。

というか夜の海の潮騒が響く中でうたかたの子守唄を背景に刀を振るうって、場面として決まりすぎですよ。

そして三日月さんも舞台にやって来て本公演でやったように舞うんですが……あの白い衣装で舞うから、また本公演の舞とは違う迫力に溢れているんですよ。

前々から音ハメでドンッと足を下ろす仕草好きだったんですが、今回は舞台が舞台ですし、まるでそこから邪気を払う清めの動作のように見えました。</追記>

 

ひとひらの風で天狼傳組通常衣装で再登場。

キミの詩で三条通常衣装で再登場。

ここなにげに加州がちょっと大変そうだなって思いました。

そして刀剣乱舞は阿津賀志山から始まり、天狼傳での蜂須賀→長曽祢→国広→和泉守→安定→加州の順番でした。

あの、ね……あの、舞台で三日月さんと蜂須賀と長曽祢が刀を振るっているの、最高に……本当に最高で、じっとそこだけを観ていたかったです……。

あと小狐と国広のはなんかパワーが溢れてたような気がします。ごめん、ちらっとしか観てないから、意識に余り残ってない。

あと今剣と和泉守がやってた?ここ観てないから、ごめん、記憶にない。記憶したいからGyaOさん再配信お願いします。

なにはともあれ、天候にも恵まれ、恙なく奉納を終えられたこと、おめでとうございます!

配信でとてもとても楽しませていただきました。ありがとうございます。本当に、ありがとうございます。

 

アンコール配信を見て

 感想と言うにはあまりにもお粗末だったので、アンコール配信を見ながら感想を記していきます。重複するところも多々ありますが、それだけその印象が強いのだと思ってください。

いつもの審神者Pの挨拶から始まるのが刀ミュという感じがしてとても好きなんですが、今回天狼傳では審神者Pの出番がほとんどないという悲しい事態もあって、審神者Pが真っ先に喋ってくれたということがとっても嬉しかったりします。

そしてこの挨拶があるからこそでしょうか、画面越しでも神事に参加しているような気持ちにぐぐーっと引き寄せられました。

そもそも入りからずるいんですよね。鈴をシャンシャン鳴らしながら、こんな開始の宣言をされて、引き込まれないはずがないんです。

私は審神者Pかなり肯定派なので、審神者Pがこうして出て来るだけでも空気が変わると思っていますし、今回なんかは本当にいい始まりだったと思います。物語部分がないから、こうして始めることにしたんでしょう。

阿津賀志山異聞でも天狼傳でもストーリー入れてから刀剣乱舞ですもの。

そして祓殿の方から現れる、三日月宗近を先頭にした刀剣男士たち。

白い衣装に関しては目にした人間は皆驚きを持って迎えつつもその見事さに歓迎したのではないでしょうか。ハイ、写真集買いますねー。

この衣装のアレンジが本当に巧いんですよねえ……もう。通常衣装をベースにしつつ、オリジナル要素をうまーくミックスして。白というベースに対してキャラクターに合ったカラーをほんの少し加える。白さが潰れないように、加えるのが本当に、見事ですよ。

ちなみに、今回11人いて、お気に入りの衣装はダントツで蜂須賀です。ひらひらふわふわもさることながら、腰のくびれを強調するシルエットといい、裏地の目を引く赤が気品と優雅さと高貴さを醸し出していて涙するしかない。あとヘアスタイルをあえてここでこれにしたことには感謝するしかなかった。

次が今剣。両袖が舞う度に翻るのがgood!あと極の鎧要素を取り入れているところも好ましい。一人だけ防具を身につけている。そして差し色になる水色の淡さが単純に好み。

三番目が三日月。色という色を極力排した白さで、他よりもより一層神様に近い。そんな印象。腰の胴締め?も銀色にして、紐も紺色?藍色?で暗い色でまとめ、飾り気というものを極力削ぎ落としているシンプルさが好き。でもシンプルだから質素というわけではなく、シンプルなのに存在感があって派手さが損なわれていないの、すごいよ。

三条はみんな袖が長いので、やはり見栄えがいいですよね。回転したときなんかの。

常々MMDでも三条は袖や袴の広がりで華があるとは思っていましたが、こうやってクレーンを使ったアングルで、しかも白い衣装で見ると本当に華があります。

そしてM1の「まほろばに」ですが、三日月の「空に~」から始まる歌!

和風!とっても和風!

刀剣乱舞という世界観にもそうなんですけど、嚴島神社という舞台にぴったりな一曲すぎた。最高。いったいいつから作っていたのかわかりませんが、この曲を作ってくださってありがとうございます。

この曲だけに限らないんですが、蜂須賀は動きが柔らかい。しなやか。彼の性格の柔らかさっていうのが見える動作なのが個人的にツボです。

動作が柔らかだから、優雅に見えるんですよね。

 

二礼二拍手一礼。

 

これでまさか!「Endless Night」くるなんて思わなかったものですから、とても驚きました。

最初はまあ「えっ三日月ソロ曲いきなりやるの!?」だったんですけど、岩融が歌って石切丸が歌って……となっていったことで「全員で歌うのか!?」という驚きに変わりました。

いや本当にこれにはびっくりしましたねえ。円盤で何度も見て、CDで何度も聞いた三日月ソロ曲を全員で歌う姿を目にして、耳にする日が来るなんて思ってませんでしたから。むしろソロ曲=他メンバーの休憩時間スタンバイ時間ってくらいに思ってましたから……。(推しが今剣のためすぐそういう考えをする)

これのおかげでらぶフェスが楽しみになりました。ますます、楽しみです。(そう言えばライビュの先行抽選そろそろ当落発表ですね?)

名残月と返歌名残月も台詞をアレンジして入っていましたね。こういう嚴島神社でやるためにちょこちょこ変更されているところがあります。

名残月のところでは岩融の台詞がちょっと早いなあって思いました。もうちょっとそこ尺を取ってあげてくれーと、聞きながら思いましたねえ……。

返歌中の高舞台での殺陣がすごい。殺陣というか、剣舞?二人であのそう広くもないだろう高舞台で薙刀と太刀を振り回しているから思わず「おおっ……!」となりますよね。

 

M5「理由の在処」に息を呑む。

まさか天狼傳本編曲が来るなんて……。

早くまた本編の流れで聞きたいです……つらい。

そして見えない天狼星の遣り取り可愛いゾ!

 

M6「手を伸ばせば」お゛き゛た゛く゛ん゛!!!!!(´;ω;`)

完全に本編ストーリー思い出してこの流れがきつかった審神者です。

M7「選ばれぬ者」このタイトルで「もの」という言葉に「者」を使っている意味って、結構大事ですよね。

ることを選べない……。大事な天狼傳でのテーマです、ね。

国広パートが始まると本当にしんどい歌。心情的なピークが来るという意味で。

時代に選ばれずに死んでいったのところがきつくて、ここでだいたい泣く。

 

この幕末天狼傳でかなりパンチが来ていたので、このタイミングで「きらきら」が来てくれたのは本当に癒しです。

舞台を東西駆け回る今剣、本当に審神者の推しは癒しで天使で可愛い。そして見ている人の気持ちを解してくれる。

本当に可愛いやつですねー!!

 

M9「うたあたの子守唄」生配信時はこの歌い出しにちょっとしたアナウンスがかなり聞こえていたんですが、アンコール配信ではかなり小さくなっていますね。

そして北園さんは全然聞こえてなかったそうです(ゾノカツより)。すごい集中力で彼らが舞台に立っているんだなあと思いました。

白い衣装でこの舞をする三日月はまた雰囲気が異なりますよね。あぁ~清められていく~。

「なんであれ、美しいものに人の心は集う。そして若い彼らの熱いおもいもまた美しい」

 

M10「美しい悲劇」9/27観劇したときは二部曲一切覚えられませんでしたが、好きです。

いや、好きそうな曲が多いなあという印象しか残らなかったんですよ、当時は。でもこうして改めて聞くと、どう足掻いても好きなイントロから始まり、最後まで好きな曲調だったわけで……近頃は悲劇のイントロが頭のなかで鳴りっぱなしです。

ちゃんと聞いたら歌詞がめちゃくちゃ「うわっ虎徹……;」って曲なのも、好きにならざるを得ない。

 

M11「Dear you」蜂須賀と国広可愛いのこれでした。本当に何回みてもこのどーん!ってしてるの可愛すぎる。

というか、あの、私これを聞いたことあるのかないのかわからないので、あれなんですけど……国広の「思い出す必要もないくらい覚えている」のあとの加州の「忘れないよ」ってここ一回だけなんですか?歌い忘れたのか、一回だけなのかどうにも判別つきません。二回忘れないよって歌っても丁度良さそうだなーと思うのでした。

というか残りの観劇階数で回替わり曲を網羅できるのか……心配です。

 

加州清光忙しいM12「サヨナラ」ですよ。

サヨナラも好きなので嬉しいです。しっとりとした歌がメインなのはやはり夜の嚴島神社が舞台だからでしょうか。

M13「えおえおあ」は笑顔になれる曲!

現地にいる審神者さんたちはだいたい結構緊張してたり寒さが身に染みていたりでしょうから、ノリが悪いのはしょうがない。そもそも嚴島神社でライブというわけのわからない状況に置かれている人たちですしね。

普段のライブのノリを出すには難しい場所だった。

画面前の審神者はたくさんえおえおあしてました!

岩融の「覚えてるじゃないかー!」好きです。

えおえおあは本当に推しが可愛くなるので最高ですね……。そして三日月も入って、可愛い三日月があほみたいに画面に映って、多くの審神者たちを殺しにかかっているのかと思うと、恐ろしい……。

楽しそうに歌ってるまり近可愛いなあ……。

推しじゃなくてもこう思ってしまうんだから、えおえおあパワー凄まじいッ。

 

M14「ひとひらの風」……うっ……。

認識した瞬間胸に来る新撰組の歌……。

なにがどう新撰組の歌かと言えば、映像が……。

まだ天狼傳見てない人は歌を先に聴いて「ネタバレになっちゃった~^^;」とか言ってる方がちらほら見られましたが、舞台を観ると、歌だけで聞いたときと破壊力違うから!!破壊力すごいあるから!!

ストーリーつけてあの映像ありでひとひらの風を聞いてしまうと本当に胸にこみ上げてくるものが、胸を衝くものがあります……。

 

M15「キミの詩」岩融に抱きつく今剣をぐるんって回すこの動作、本当に好き。本編中でもやっていたことだけど、嚴島でも見られて嬉しい。

キミの詩は染みいるなあ。寂しいけれども、癒されるものがあるのはなんなんでしょうね?とりあえず、聞いてて落ち着くので、良い歌です(ひとひらの風で磨り減った心が回復されるという意味で)

 

挨拶

 

M16「刀剣乱舞」11人Verありがとう。高舞台に蜂須賀が残ってくれてありがとう。

まともな感想とはなんだったのか……。

 

刀剣男士たちの写真

ameblo.jp

 

ameblo.jp

ameblo.jp

 めっちゃ推しが天女で満足してる……。

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp