俳優や裏方に疎い人の所感

刀剣乱舞2.5次元(主にミュ)をのんびり追っかけてる人の感想

刀ミュトライアル公演円盤ディスク2感想

そういえばこの内容で特にそれらしいものを書いていなかったので書きます。

トライアル公演はDVDのみの販売。

本編映像は配信版と大部分のカメラワークが異なるので、配信版で好きだったシーンがなかったりということもありますが、ディスク2(50分)が個人的には結構嬉しい楽しいなので、円盤を買って良かったです。

 

ディスク2の内容

  • インタビュー&稽古場風景
  • バックステージ
  • ライブビューイングコメント
  • 千秋楽スペシャルカーテンコール
  • PV刀剣乱舞

となっております。

今回感想書くのはインタビュー&稽古場風景と、バックステージとライビュコメントです。

千秋楽スペシャルカーテンコールは配信でもお馴染みの荒ぶる審神者PによるCDデビュー発表のやつですし、PVもYouTubeやニコ動に上がっているものです。

ちなみにメニュー画面ではゲームでお馴染みの音楽が流れます。

心が本丸に帰るんじゃ^~

 

刀剣男士インタビュー&稽古場風景

刀剣男士インタビューってなってますけど、衣装が刀剣男士なだけで、俳優さんに普通にインタビューしてるんですけどね、これ。

インタビューでアップになっていると、やっぱりウィッグが本公演で変わったのがよくわかりますし、加州もやはり……天狼傳のウィッグと違いますよね?

佐藤流司さん「加州清光は猫であり犬であり」

みたいなことを言っているんですが、常時俯いてて、前向いて!?って見ながらなります。

北園涼さん「三条派ということでちょっとお茶目なところがあったりですとか」

こう言ってるけれど、北園さん別雑誌のインタビューでは狐の生態まで勉強したとか言ってましたからね。野生の参考とは……。

崎山つばさ「石切丸はやさしい、あったかい感じ」

崎山さんの石切丸は本公演千秋楽が本当に完成形って感じがします。

佐伯大地さん「どっちかっていうと役作りは弁慶の気持ちを考えることから」

刀ミュの役作りに関してはみんな、かつての主のことを取り入れてますよね。

声の真似とか、そういう表面的な真似から入るんじゃなくてもキャラクターを感じることができるんだなーと、刀ミュを見て知りました。

大平峻也さん「これ(右側の長い袖とぽんぽん)をどうやって動かせば、みんなよりおっきく見えるだろう」

実際袖の動きにはこだわりがありますよね。

三条のみんなは着物ですが、袖の長さとぽんぽんの飾りがある分、今剣の衣装っていうのはより大きく振り回すことができると思います。

インタビューでも各自が触れてますけど、今回が初の殺陣って人たちばかりなんですよね。そのなかで黒羽さんは利き手が違うという苦労もあったんですよね。でも全然、そんな利き手じゃない違和感とかなかったです。

それだけ慣れたんでしょうが。

インタビューでは好きな曲について触れているんですが、本公演になると当然この好きな曲も変わるわけですが、各自ソロとか担当曲持つと当然ですよね!

聞くだけの私はトライアル楽曲のなかではタカラモノが好きです。

 

刀ミュの稽古場ってめちゃくちゃ広いですよね。

かなり広いから、スペースに余裕がありますよね~。

だから、あちこちで練習している姿が見られます。

初めて衣装着て刀をそれぞれ振り回している姿とか見ていると、わくわくします。

大きな鏡を移動して練習している姿とか。ダンス覚えられない人間なので凄いなあ、となります。

ダンスに関しては自主練みたいな感じが多かったんでしたけ?(雑誌インタビュー)本当にトライアルの稽古期間の短さ、足りなさが過去インタビューからも感じられましたよねえ。

石切丸や小狐がインナーの下の部分の一枚を着ていないシーンがあるので、そこ見て欲しいです!

ちなみに石切丸(というか崎山さん)は安定の乳首見えないです。北園さんは腹筋この時点でもばっきりありますが、薄い一枚がないので乳首も……(笑)

是非円盤を購入して、ご覧下さい。

 

バックステージ

楽屋風景。

おどろくほどぼかしがありません!(笑)

鏡台というか楽屋のごちゃっと感もすっごい好きです。ただし崎山さんの鏡台は物がありませんが。

物がありませんが!

バクステでは発言に対して色つけて出してくれてるのでわかりやすいです。

誰が言ったかわかりやすいので本当に助かります。顔が覚えられない人間としては。

公演直前なのに焼きそば作って食べてる崎山さん、ホントマイペース。めっちゃマイペース。でも刀剣男士たちはお客さん入り始めるくらいから着替えてるんですよね。

人間組はそれよりもちょっと早めに着替えているんですが。

弁慶の衣装そう着ているのか!となりますよー。

それとは別に小狐がウィッグつけて、アップスタイルにしていると女子かよ!!となります。

お風呂に入っている女子スタイルです、完全に。好き。

バクステの注目ポイント。映像終わる直前の舞台に移動しているところで、加州が髪をぴんっとはねてるところ。

ずるいし加州じゃー!ってなります。

もっとバクステください、刀ミュさん……。バクステ本当に好きなんで……。

昔からジャニのコンサート円盤とかでもバクステが好きなんですよ、コンサートじゃなくてもPV撮影メイキングとかも好きです。

テニミュのバクステもワイワイしって好きなんですよ~!

ただそれとは別に本公演のぶらり京都旅は普通に気になりますし楽しみです。

 

ライブ・ビューイングコメント

トライアルの時はまだライビュ会場少ないんですよね。

本公演のときは本当に各地でやってくれたので、ありがたいことです。

めっちゃカンペを読む大平さん可愛いです。

そして最初っからすってーんと言ってる佐藤さんに笑います。

カンペ読みにくかったんですかね?

でもこの時から海外ライビュあったんですもんねえ。

しかしはっちゃけ具合がまだ足りない。足りないですねえ……本公演のときすっごい弾けてたなあ、と。

みんなさらに仲良くなったんですね。微笑ましいです。

公式ファンサイトの動画でも、どんどん仲良くなっているのがわかるので、大変楽しいです。