俳優や裏方に疎い人の所感

刀ミュ他2.5をのんびり追っかけてる人のただの感想

刀ミュ 髭切膝丸双騎出陣2019 SOGA 7/14ライビュ後メモ

初見時の感想は下からどうぞ。

tjgnmmjr.hatenablog.com

ライビュを見てきたので各社のゲネレポも解禁となりましたのでそれを参考にしていきます。

先ずあの語り手に関しては「瞼を開いても晦」と言うことから盲目なのだとライビュ見て気がついたんですけど、スマボのレポを見たら瞽女(ごぜ)の語りと書かれていてもうそこからびっくりですよ。

平たく言えば瞽女は盲目の女芸人。昭和とかまでそういう生業の方がいたようですね。

でもじゃあただの瞽女が語り手をしているのかというと……うーん、どうなのかな。もっと思念的なもののように考えるのが違和感がない気がします。

何百年と曽我物語を語り継いできた瞽女たちの魂や集合意識が令和の時代の審神者たちに曽我物語を聞かせた。のかな。

つはもので義経が頼朝と仲直りを祈願して膝丸が箱根権現に奉納されるところを見に行くかと兄者に訊かれこれを断ってました。もし自分が歴史にいなかったら……という揺らぎを持っていて、髭切はこれをそんなことをと笑い飛ばしてましたね。

ついで「今ここに存在していることは事実だ」と兄者は言いくるめていましたが、そうした膝丸の揺らぎを歴史の事実よりも「そうであったろう」という逸話を優先することが今回双騎に与えられた演じる任務に繋がっているようにも思えますね。

ツイッターで見かけましたがどなたかが仰る逸話の補強っていうのは確かになと頷くところ。

刀剣男士は実在刀剣と非実在刀剣入り乱れていますが実在する複数の刀剣の集合体や逸話を寄り集めた個にしている刀剣があって、髭切と膝丸は複数の実在する刀剣が持っている複数の逸話を束ねた存在だから歴史の可能性と物語の可能性がかなり幅広いんですよね。

つはもので三日月が髭切が頼朝のそばにないときもあったという事を言っているとおり、歴史によって誤差の幅が出やすいのが2人。

だからいっそ「今を補強しよう」というのが今回の任務目的だったんじゃないかな、というのが今の考え。曽我兄弟を演じることは目的じゃなくてあくまでも手段だった。

物語に強度というものがあったらその強度の度合いを高めるのはどれだけの人々に知られているか、知れ渡っているかが1番影響しているんじゃないかな。

今回曽我物語を演じたのは時致に授けられたのが膝丸だったかもしれないと、令和の時代の審神者に思わせることで膝丸が歴史の中の自身の存在の不確定さを上回る補強するのが目的だった。

任務の成果については言及がなかったと思いますが、令和の審神者たちが曽我物語を最後まで見ている時点で達成されているんじゃないですかね。ある意味でメタフィクション的な構造だった可能性?

観客は舞台を観に来ているけれど、本当に髭膝が演じる舞台を観客という役割を持った審神者にみせていた。

 

双騎の曽我物語の解釈について

  1. 祐成役髭切・時致役膝丸
  2. 曽我兄弟の霊(魂)を宿した髭切膝丸

が自分の中で根強いですね。

そもそも兄者はつはものの時点で三日月を演じるということをしているのですから、曽我兄弟を演じるのもさほど不自然に思いませんね。

というか今回多分任務への導入がないことも賛否両論になる原因かと思うんですけど……これ導入しちゃダメだった可能性あります?

歴史に対して自分の実在がどこまで確かかわからない(不安)な膝丸が曽我物語を演じることに対して言及できなかった可能性とか……。

髭切が曽我兄弟について下手に言及すると膝丸の逸話が1つ失われる可能性もあったとか?

そんなことをつらつらと思い巡らせてしまう。

見える物しかわからない膝丸と、目に見えない物にも思い巡らせる兄者の気質を考えると任務の導入かなり難易度が高そう。それはそれとしてそういう二次創作をしたわけですが。

 

二部衣装のあの赤いやつ

 寿曽我対面で出て来る画像です。

二部でも曽我兄弟要素をちゃんと持ってくるところ、ちゃんと一部と二部が地続きであることを表現されているように感じます。

むしろ普段より二部に一部の要素を取り入れてる感じすらありますね。

 

 

ゲネレポのお写真と千秋楽を終えた2人のお写真を見比べると隈取りがちょっと変わってたりしますね。10日間での変化……!

 

 

そして再演決定おめでとうございます。

兄者にシーッてしてたけど即出しだったね!!!

 来年もお二人の髭膝を見られるの本当に嬉しいので無病息災でお願いします。

ミュージカル刀剣乱舞 髭切膝丸双騎出陣2019 SOGA 7/4ソワレ感想

最速先行で手に入れてもらったチケットが実質見切れ席だったつらさ……。

舞台には近いんですけどね……。真ん中奥や下手で演技されたら見えなさそうだな……と開始前から絶望。複数入りできないときのサイドによるのはつらいです。しかも自然とスピーカー側の配置で耳が始まる前から心配になる審神者

 

今回キャストに参加されている花組芝居に関しては公式サイトをご参照ください。

 

ここから詳細なネタバレしかない

未見の人には見るまでネタバレなんて見ないでほしい!

 

  • 一部
  • 二部
    • セトリ(うろ)
    • 第1形態
    • 第2形態
    • 第3形態

 

続きを読む

ミュージカル刀剣乱舞 双騎出陣SOGA 事前通販とかの話

刀ミュで初めて事前通販が行われましたがこちら、戦争の末早い者勝ちであっという間に全部SOLDOUTしました。在庫……。

そんな中どうにか手に入れたのがポーチ、シュシュ(髭膝)、ペンライトの3種類4個。

その後二次受付があったのでトートも購入しました。こちらはまだ発送されていないので多分普通に現地入りには間に合いませんね!かなしい。私の現地入りが4日なばかりに間に合わなかった……。

 

f:id:tyoji-gunomemajiri:20190701172822j:image

ペンライトは平べったくてちょっと折れそうと心配。また光り方に問題があったのでそちらについては後述。

f:id:tyoji-gunomemajiri:20190701172912j:image

ポーチ可愛い。双騎シュシュが入るサイズ感。

f:id:tyoji-gunomemajiri:20190701173052j:image

シュシュはふわっと大きめ。相対的にチャームがとても小さく見える。

 

ペンライトの問題点

実はこのアクリル板のペンライト正面から見る分には問題ないのですが、真上から見るとメチャクチャに眩しい!

間違って目にしちゃうと暫く残像が残るレベル。視覚過敏の人だとつらいかもなレベル。

ツイッターでもそうした眩しいぞという注意が回っていましたが、そこにあった素晴らしい助言が「マステ貼るといい」というお言葉だったので実践。

f:id:tyoji-gunomemajiri:20190701173714j:image

※髭切マステあり、膝丸マステなし

驚くほど一目瞭然の結果です。

ちなみに審神者は細いマステがなかったのでふつうの幅のマステを貼って板に沿ってカッターで切りました(雑)

f:id:tyoji-gunomemajiri:20190701173939j:image

多少貼り方や貼ったマステの色などで明るさなどは変わると思いますが取り敢えず半周分貼っておけばステージ上から見てもつらくはないくらいの光量になるんじゃないかなーと思います。

眩しい光の中にいる演者の目を少しでも労わりたいですね。

間違っても他のお客様の目にわざとマステなしの状態のペンラを向けないようにしてください。それなんて嫌がらせになりますので。

もしかしたらアクリル絵の具やマニキュアなどでも使えるかもしれませんね。

ペンライト、可愛くデコっちゃってー🤗

 

ところでこのペンライトの点滅ポリゴンショックみたいな光源明滅なので気持ち悪くなる人はなると思います。審神者5秒と見てられませんでしたから気をつけてください。

ミュージカル刀剣乱舞 歌合 乱舞狂乱 開催決定

刀ミュおじさんこと演出の茅野さん、脚本の御笠ノさん、ネルケの松田さん、ニトロのでじたろうさんたちがSHOWROOMで配信を行い、今年の冬の刀ミュの動きについて発表されました!

 

出演刀剣男士

三条→小狐丸・石切丸・今剣

幕末→安定・和泉守・蜂須賀・長曽祢・陸奥守・

徳川→青江・蜻蛉切・物吉・大倶利伽羅・明石・鶴丸御手杵・篭手切江

 

不在刀剣男士

三日月・岩融・加州・国広・村正髭切・膝丸

太字が推しだよ!

 

全国9都市で開催という刀ミュ最大規模のイベント。

でも配信のお話を伺っているとどうやら乱舞祭のような2部曲中心のお歌メインではなく、お芝居をメインにして展開するもののようです!!

乱舞祭にもお芝居の要素はきちんとありましたが、どちらかと言えばライブ形式の方が強くお芝居部分は導入・MC・結びという感じで少なめですからね。

そして乱舞祭2018はもう盛り上がりが最高潮になる祭りがテーマだっただけに、運営側の方でもちょっと悩んだのかもしれませんね。

配信でも言及されていましたが「次はまた新しいことしたいな」「もっと挑戦できることはないか?」→「より演劇的なこと、よりミュージカル的なことを大きな空間でやる」というように刀ミュはトライアルから常に進化・成長・変化を目指してきた舞台・場所だけに乱舞祭2018というある種の完成形、一つのゴールの形を迎えたものを継続するのはらしくないんですよね。

私個人の感覚としても2018がもう最高すぎてぐだぐだぐだぐだ終わらないで終わらないで終わって欲しくない~ずっと祭りのなかにいたい~😭なんてなってましたから、逆に2019なにするんだ?となってしまってたんですよね。

だからこそこうやって2019に新しく【歌合】という形でのチャレンジをします!という発表が直接上の方から発信されたことがすごく楽しみになりました。

劇場とは違う大きな箱でのお芝居とその演出、そしてそれを観る沢山の観客。それがどんな空間を作り上げるのか楽しみです。

今年の冬も宮城に遠征だぁ!!泊まるぞー泊まるぞーだから箱早く発表して……ホテルの予約したいから……。

宮城またセキスイハイムスーパーアリーナだったらいいなあ……あそこステージが見やすくていい……。

まあもしかしたらもう少しキャパ下げるかもですけど……。

 

そういえばこのキャラ集合の顔写真、蜂須賀だけ最新の本公演がないから乱舞祭の写真ですね。

さすがにいつまでも天狼傳の写真は使えないって判断……ですよね。あの頃とはウィッグもメイクも完成度が違うわけですし……。画質上がったなーって感じします。

早く本公演でも観たいね……。

それはそれとして現状のお祭刀剣男士ポジ美味しいし面白いです😂

まあ他担からは「仕事大丈夫?」「仕事あるの?」って心配されちゃうのが難点ですかね!

いや舞台や映画とか映像系のお仕事してるんで……って感じです。

 

加州はアジアツアーで高濃度の加州を浴びたし、髭膝も双騎で高濃度の源氏を浴びる予定なので、新しい舞台では新刃組を楽しみつつ審神者の初期刀と初鍛刀をごりっごりに愛でていこうと思います。

だから刀ミュくん、チケットよろしくね👋

 

みほとせ再演のシングルCDにシリアル先行が特典として付くようなので、予約するなら急ぎましょう。ブロマイドがつく予約期間は6/30までです。

LEncore先行当選率の話

ローチケにあるプレリクとは別枠のLEncore・エルアンコール(以下LE)先行枠。

刀ミュはみほとせ再演からこの枠がスタートしました。

今後のことも考えて試しにLEを登録するためのクレカを作り1週間くらいかな?でカードが届き、カード番号などの登録をしてLE登録が完了。

年会費がかかるクレカの作成が必須となりますがクレカとしての特典(ポイント利率とか)はほかのクレカに比べて弱いのでメインカードにするにはオススメできません、とだけ。

で作成した後はまさかの刀ステでもLE枠誕生。

そして刀ミュは双騎出陣でもこの枠の先行が用意され、本公演だけかなー?と予想していた私としては大変にびっくりです。

 

さて実際のところ当選率はどーなのよ、という話。数ヶ月かけてまあ検証して行くしかないのですが……。今後も枠があったらこちらに記載していきます。

 

刀ミュみほとせ再演→3(平日公演)/4当選

※ただし席は全て銀劇3階最後列。千秋楽も申し込むもこちらは落選

刀ステ→1(平日公演)/4当選

※東京初日と大楽も申し込む

刀ミュ双騎→0/4全落ち

※初日大楽含む平日あり

刀ミュ新作→1(銀劇平日サイドシート2連番)/4当選

※銀劇3枠とTDC1枠で平日のみ申込み

 

みほとせの頃と比べるとやはり枠が厳しくなった感じはありますがぶっちゃけ最速先行で全落ち芸人してる身としてはLEが最後の壁みたいなところがありますね。

いや本当は最速先行が当たってくれるのが一番なんですけどねー!!!

年に3回くらい本公演とらぶフェスで最速先行当たってほしいなーーーー(大声)

5/7 刀ミュ加州清光単騎出陣アジアツアー凱旋マチソワの感想

人生初の幕張メッセでございます。

f:id:tyoji-gunomemajiri:20190512040935j:image

いやー新宿から西船橋で降りた時は死ぬかと思ったね!西船橋なにあれどうなってんの??新宿よりわけわからなくてキレちゃったよ。

海浜幕張駅からメッセまではわかりやすくて良かったですね。飲食店も多くてそこは助かりました。

アウトレットパークで食事したらパンのおかわり滅茶苦茶持ってこられてお腹爆発するかと思った。あと自業自得だけど人生で初めてナイフとフォークを使って海老を食べましたね……。

でもシーフードカレー人生で片手で足りるくらいしか食べてないような気がするけど美味しかったです。

千葉は曇天、マチソワ間に小雨という天気でした。傘が不要で助かりました。

 

でざっくりとした単騎の感想。

2016年からの加州清光総決算だったよね。

こう言うとおかしいけど刀ミュ的懐メロを後半にドカドカまとめたの最高だったんだよ。

そんでDear youが来たからほんとヤバかった。個人的にNo. 1涙腺ダイレクト曲だからうるうるくる。足が歌ってたら一番危ないし初期刀5人でいつか歌ってほしい曲No. 1なので加州1人で歌う分にはセフセフ。(一番ヤバいのは厳島Dear youでこれがばちくそ泣く)

あとやはり爆発と炎が上がると問答無用でテンションブチ上がって楽しい。間違いなく楽しい。

加州さんにおかれましては審神者に曲と曲の間に「立って」と仰っていたようですが、全く聞き取れず意思が伝わらずに給水休憩まで座ったままですまねえすまねぇ……でした……💦

いやほんと全然わからなかった。

加州が「立って❤️」と言ったのでその後は立ってペンライト振りました。

なのでソワレはマチネの経験が生かされ、最初からスタンディングでした。

マチネの方が給水休憩でのトークフリーダムな感じありましたね。

あのバブリーな衣装の毛を「これいつも食べちゃう」みたいなこと言ってて笑いましたが歌い続けなきゃいけない側からしたら口に貼りついたりしてるとやはり気になりますよねえ。

それはそれとして毛を取ろうとしてる加州は可愛かったし、なんならソワレより可愛い度高かったと思いますね!!

 

もー少しまじめに書くと客席に入った瞬間からコポコポと水の音が始まるまでずーっと聞こえてました。

水の中にいるみたいな音で照明も最初は青がついていたため、多分それを意識しているんじゃないでしょうか。

加州清光が生まれる前、と言ったところなのか。

そして加州単騎アジアツアー凱旋幕張会場にてとうとう導入された櫓みたいなトロッコ

おめでとう、とうとうトロッコが動き出した。

マチネではステージの動きばかり見ていて尚且つステージがトロッコに遮られない場所からだったためいつの間にか出て来ていたトロッコにぎょっとしました。

ソワレでは出て来るタイミングを確認しようとステージよりもそちらの方を見ていたんですが、舞台に光が集中している分暗い会場の端を移動する真っ黒なトロッコはなかなか見えなかった……。

マチネはほぼ正面と言える範囲からこの脱ぐ姿が見られ、ソワレも似たり寄ったりな場所から見ていました。

今回驚くほど曲数が多くて始まる前までは夜行バスの都合上眠くてしょうがなかったんですが、マチソワしても公演中は怒濤の歌の連続で目が覚めてました。

なにより爆発と炎のおかげと好きな曲が後半に控えているとわかっていると目が覚めますね。

加州もダンサーさんたちも本当にとんでもない曲数をよくもこなしたものだと驚きます。

個人的には演出面だと美しい悲劇のセンターモニターに雷雨の映像と加州の顔を被せたり、加州の顔にガラスが割れる映像被せてたの率直に好みでしたね……。

パリーンで加州のつらい表情と被せるの本当にずるいなと思いました。

私の推しにもこの演出してほしい。(美しい悲劇は虎徹の歌だと思ってる節が強い)

 

みほとせ再演以来の現地入りでしたが、やはり現地入りは楽しい。とても楽しい。

双騎と新作も楽しみですね※最速先行どちらも全落ち審神者

物販は欲しいもの買えました。ビジュアルパンフが入るトートバッグ大変良いです。

f:id:tyoji-gunomemajiri:20190512041059j:image

舞台刀剣乱舞現地入りが確定した話※

先ずはこれ置いておきましょうねー。(最低限この前提がないと話が始まらない)

末満脚本演出と仲良くできてる人には大変不向きな内容です

tjgnmmjr.hatenablog.comまあ今はここから多少変わってるんですけど。マイナス方向に。

一先ず自分整理のために視聴済み刀ステは次の通り。

虚伝 初演・再演

義伝

ジョ伝

の4作のみ。

4作見てつくづく末満脚本・演出・解釈と反りが合わないと痛感。

それでもジョ伝は面白かったし、ギミックを推測理解したときのカタルシスはありましたがそれはそれとしてシリーズ通しての殺陣の多さに飽き、アドリブメインのギャグパートにもハマれず、人数が多い故にその刀剣男士必要だった?と思う事も多々あり、歴史上人物の表現に怒りを感じ、ウィッグやメイクの酷さが常に目に付き……仲良くできなかったので4作でストップ。

じゃあなんで現地入りすんの??って単純にLEncoreの当落率の分母増やすために申し込んだら当たってしまったっていうだけなんですけど……。※LE先行は登録したクレカ決済のみのため当選したら自動引き落とし

でもこれ申込みしたのが刀ミュの新作日程が出る前だったので適当に東京と凱旋で2つずつ申し込んだら凱旋の方が当たってしまい……結果8/1の現地入りが確定してしまったのですが……これが超超超超超超超困る

審神者、遠征民。東北から東京に行かなければいけない民。

刀ミュが大本命でしかも今回は待ちに待った御手杵がいるし、新刃が4人もいるという事実に本気でテンション上がって興奮が止まらなかったのでそこでステ申し込んでいたことすら忘れていた。

秋公演の開始が8月頭から。むしろステの大楽あたりから始まるので被ってるレベル。

そして審神者仕事の都合上お盆休みとか存在しないため、お盆期間に入ることも不可能だしなんなら休みも通せないぞ。となると週一か同じ週に遠征しなければいけなくなる。

これが結構本気で困る。

8/1公演の文字見た瞬間頭抱えた。

本命じゃないぶん、というか好きじゃない分取れても嬉しくないしスケジュールが厳しくなる要素しかなくて本当に困る。

リセール機能があったら使いたいレベル。

しかしLE先行は配送だった……。

同時に現地で見たら上述した諸々の苦手・和解できないポイントに目を瞑ることができるかどうかという実験もしたい気持ちが微妙にある

怖いもの見たさですね。でも現地に入っても変わらずキレてしまう可能性もかなり高いので本当に手に入ったチケットの扱いをどうすべきか悩んでます。

なによりも今回の刀ステ会場替わりとかいうのやらかしてるからそこでもキレたんですよね。そういうのライブ以外では求めてないんで……。

舞台観劇の良いところは荷物が少なく済むという点ですね。

当日は浮かない顔の審神者がいたらすみませんなるべく現地入りしても顔には出さないようにします。