俳優や裏方に疎い人の所感

刀剣乱舞2.5次元(主にミュ)をのんびり追っかけてる人の感想

刀ミュ観劇ルール

※検索からこのページを見ている人が結構いるようなので2017年11月現在のものにリンク等を変更しています。

公式サイトに書いてある事ですが、メモとして。

今更必要な人がこのブログ見るともあんまり思えませんが、さすがに違反者多いし、自分でも一々ページ確認するの手間なので。

ちょっと見づらいリンクだっていうのは……否定しません。ちなみに以下のページがそうです。

公式サイトがデザインリニューアルされたので注意事項は読みやすくなったと思います。Q&Aからリンクがあります。

musical-toukenranbu.jp

 

他にも色々注意事項が書いてあるので、公式ページは一読だけでなく熟読しましょう。

つはものどもがゆめのあとでは東京凱旋公演ではキャンセル待ちはないようなのでご注意ください。

上演時間

1部 ミュージカル『刀剣乱舞』 ~幕末天狼傳~ 公演  [上演時間:約2時間10分]
休憩(15分)

1部 ミュージカル『刀剣乱舞』 ~つはものどもがゆめのあと~公演【上演時間:約2時間15分】
休憩(20分)

2部 LIVE​  [上演時間:約40分]

 涙もろい人はハンカチを二枚や大きめのタオル(ハンドタオルでは小さいかも)を持っていくと良いです。あとティッシュ。鼻がぐすぐすしやすい人なんかは特にすぐにティッシュを使えるようにしましょう。

鼻をぐすぐすさせているとそれだけで周りの人の気を散らせてしまうなどの五月蝿い思いをさせちゃいます。(正直スマンって気持ちがあとからすっごいします)

この時がさがさ五月蝿いパッケージのポケットティッシュはお勧めしません。音が小さめのポケットティッシュか、ポケットティッシュケースを変えて持参するのがベスト。

それからアイメイクは濃くしない方がいいです。

メイクは休憩十五分でさっと直せる程度に留めておいた方が無難です。

泣きすぎるという人はつけまつげもつけない方が無難かもしれません。

 

 応援グッズ

刀ミュはサイリウムやペンライトを振る事が公式から推奨されているので、是非イメージカラーを確認の上持ち込んで振りましょう。

ちなみにゴミはトイレなんかに捨てたり、劇場内(座席の隙間等)に残さないようにしましょう。

以前うちわがトイレのゴミ箱に捨てられていたというレポを見ました。さすがにこうした観劇に参加する以上、そういうモラルの欠けた行為は止めましょう。

 

  • 30cmまでのサイリウム・ペンライト<お1人様6本まで>
  • 面の部分(持手を含まない)が30cm×30cmまでのうちわや扇子

 ※お持込みいただくうちわの枚数の制限はございませんが、応援の際は必ず1枚でお願い致します。

  ※モール等取れやすいものでの装飾はご遠慮ください

  ※装飾をする場合も、公式の規定サイズ(30cm×30cm)からはみ出さないようご注意ください。

  ※ホログラム等、反射してしまう可能性のあるものでの装飾はご遠慮ください

  ※上記以外のボードや、垂れ幕等のお持込はご遠慮ください。

  ※応援グッズはご自身の胸のあたりでお持ちください。
    頭より上の位置に上げる等、他のお客様のご迷惑となる行為はご遠慮ください。
ぬいぐるみは劇場内に持ち込み可能ですが、応援グッズには入りませんので、本番中は鞄にしまうか、足元に置いていただけますようお願いいたします。

 

よくツイッターで見かけるのが、百均のうちわがサイズオーバーっていう嘆きなんですけど、百均のうちわ、いけます。

あれ持ち手の長さ含むサイズなので。

というか心配ならそれこそ百均なんですから、販売している定規でその場で長さを測れば良い話ではないですかね?私は測りましたよ!

測って問題なかったので使いました。

それと、反射を心配する人。

使う素材の反射が心配ならいっそ使わないことを選択しましょう。

 

劇場での注意事項

  • 客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがあります。予めご了承ください。
  • 上演中は、携帯電話、アラーム等音の出る機器の電源はお切りください。
  • 上演中の私語や、大声を出すなど(出演者の名前を呼ぶ等)周りのお客様の
    ご迷惑となる行為はお控えくださいますよう、お願いいたします。
  • 劇場内でのカメラ・携帯電話などによる写真撮影、映像の撮影、音声の録音等は、
    固くお断り申し上げます。これらの行為は法律でも禁止されております。
  • 劇場周辺では通行の妨げや近隣の方に迷惑とならないようご配慮お願いいたします。
    特に公演開始前また公演終了後の会場周辺での滞在はご遠慮ください。

ツイッターに劇場内で撮影した人が画像上げてますけど、基本的にそういうのって禁止されてるので、「席に着いた~!」って感じで撮影するのは止めましょう。

わりとツイッターや周囲の人から白い目が向けられます。非常識だって。

あとは観劇の常識範囲で言うと、帽子をかぶる、髪をアップスタイルにするなどもNGです。後ろの人が舞台を観にくくなります。

私はAiiAで前の席の人がぺったんこな帽子を最初かぶっていたせいで、二部開始の舞台がちょっと欠けてしまいました。帽子のつばは短かったとしても、あるだけで邪魔です。

この先寒さが増してくるだろう凱旋公演や上海公演でニット帽子とかかぶって観劇なんて論外です。ニット帽の厚みで後ろの人の舞台に欠落が生まれます。

一回限りという人もいるんですから、良い思い出になるように、みんなで協力しましょう。

 

あと関連ネタという感じですが、こちらの記事で刀剣男士のイメージカラーについて書いてます。

tjgnmmjr.hatenablog.com

 

時期が時期なので、ライブビューイングの事も書いておきます。

ライブビューイング観劇

musical-toukenranbu.jp

2018年1月30日(火)18:30開演
※開場時間は劇場により異なります。
※上映館限定の特典映像の上映が決定しました。詳細は後日発表となります。

2016年11月27日(日)17:45頃〜特典映像 *開場時間は劇場により異なります。
              18:00~上映
*開演時間の15分前頃よりライブビューイング限定の特典映像の上映がございます。お早めにご来場ください。

※通常の公演と同様に、お客様に楽しんでいただく上映となります。シーンによっては、サイリウムをお持ち込みされる方、声援を出される方もいらっしゃるスタイルのイベントとなります。
予めご了承ください。

 ということなので、ペンライトやサイリウムの持ち込みは問題なしです。

阿津賀志山のときもライビュ会場に持ち込んで声を出してましたよ。楽しかったです。

舞台刀剣乱舞~義伝暁の独眼竜~配信感想

もう私はそもそもステだからという色眼鏡を抜きにしても末満さんの脚本と演出が肌に合わないのかもしれない。

特に今回はどうしてそんな表現(描写)にしたと強く思う箇所もあって、より一層その思いを強くしました。

ということを前提にした感想。

本能寺の感想はこちら↓↓

tjgnmmjr.hatenablog.com

tjgnmmjr.hatenablog.com

舞台全体

OP/ED

オープニング曲どうした。なにがあった。

刀ステの世界観とミスマッチという感覚が強くて、薄ミュ(薄桜鬼のミュージカル。ギャオで配信されていた原田編を視聴済み)を観ているのかと錯覚するレベルだった。余談ですが薄ミュキャストが多いですから余計ね。

特にイントロ部分で音ハメポーズ。忙しくて観ている側でも疲れる。開始早々この感想である。

そしてなによりも、突然踊る。

刀ステのカラーじゃなさすぎて目を剥いた。作品のカラーや空気感は統一してほしい。

踊り出したことでより一層薄ミュ感が強まった。

完全にカラーが違いすぎる。

カラーが違うというだけで、別に曲が悪いとは思わないです。曲自体は普通にノリがよくてキャッチーなメロディもあって良い曲だと思います。ステのカラーに合うかは別として。

 

エンディングも虚伝に比べると傘の演出がシンプルになって曲自体のインパクトも薄い。これを書いている時点でEDは二回聞いたくらいなんですが、OP曲よりは作品にマッチしているかもしれないなあというくらいで、曲の輪郭がぼやっとしてます。

どこかしらに印象的なメロディラインや歌詞は一応あったと思うのですが、虚伝の曲ほど印象的でないというのが第一印象。まあ虚伝は人数の多さから同じところを繰り返していたから刷り込みが容易だったのかもしれませんが。

EDで答えが出てしまっているんですが、結局のところ全体的に観ても義伝は虚伝ほどの作品ではない印象になりました。

 

一幕

七面回想要素たっぷり。

七面回想は去年の内に回収済み。というか現状未回収の回想は毛利くんのだけです。毛利くんいません。大阪城は確定報酬に戻してくれ。(愚痴)

冒頭からいきなり太鼓鐘と大倶利伽羅関ヶ原回想。なんだけど、これ二幕でも入ってる。えっ、正直どっちか削ってよくないですか……?

見ていてくどいと思いました。なんで何回もこの回想やったのでしょう?

ちょっと演出上の意図がわからない。普通にどっちかいらなくない?と思うのでした。

冒頭で関ヶ原の戦いの説明をするという意図ならそれこそ、二幕で二回目の回想は省略してもよかったのではないでしょうか?

二幕に回想を入れる必要があるというなら、冒頭の演出が悪いのではないかと。

舞台という尺の中で同じ回想を何回も見せられる必要性がわからなかったです。

関ヶ原を何回も繰り返している示唆のため、というならもうちょっと見せ方に工夫があってもよかったように思うんですよね。

でも全く同じ演出で見せられると、ただ単純にくどいという印象になってしまいます。

単純に導入が長すぎて冗長なだけの気もするんですが……。結局ループの示唆をするのにも、政宗関ヶ原に出陣しているぞってところを見せれば確実で、そこに行くまで五分かけてるんですよね。

そこからOPなので、まあ普通に長いなあと思うわけです。

 

軍議に代わって今回話題になったのは光忠'sキッチンのコーナー。

このコーナーいらない。もしくはノリを変えてほしい。しかも軍議ほど面白いわけでもないし。

刀剣男士の本丸での日常を義伝では殊更に見せて行きたいのかもしれないけれど(手合わせや畑当番もあったし)、個人的にそれって刀ステのカラーに合わないんですよね。これに関しては見せ方の悪さ、その場面での会話の悪さもあってそう思ってしまうだけなのでしょうが。

正直なところ、虚伝であれだけビジネスライク本丸感を打ち出しておいて、義伝でこれを翻すように和気藹々本丸っぷりを見せられて、虚伝はなんだったのかと困惑です。

伊達の刀が仲良しだから。

理由はわかりますが、一気にカラーを変えすぎてまるで別の本丸を見ているようです。

これが審神者本人の台詞でもあればまだ印象は違ったのかもしれません。でも審神者の考えや台詞は全て三日月や山姥切国広に代弁させられ、審神者がそもそも見えてこないというのが気持ち悪い。

花丸くらいに本丸自体が和気藹々としたカラーだったらまだよかったのですが、刀ステは虚伝と義伝でのカラーがあまりにも相反していてちぐはぐさが凄いです。浮いてます。気持ち悪い。気色悪い。

喉の所にもやっとしたものが溜まっているような感じです。

だって虚伝で紅白戦してたのが義伝では遠征遠足でどんぐり拾いですよ。

本当に同一人物が管理する本丸なんですか?

だとしたら審神者の軸がブレすぎじゃないですか。

これで審神者に声があったらまだその声音から感情を読み取ろうと努力もできるんですが、それもないですからね。

だから審神者の真意や軸がどこにあるのかわからないことが非常に気持ち悪い。これは花丸でも当初感じたことだけれど、花丸は本丸のカラーが統一されているからそこに審神者の人柄みたいなものを感じられた分、慣れたんですがねー。

まあ軸がブレてるって感じるの輪郭すらも見えない審神者だけじゃないんですけどね。

特に今回見ていて気になったのが鶴丸、三日月。※あくまでも審神者の主観です。本能寺初演を何回も見て、再演も見た審神者の主観です。

三日月の遠足遠征での台詞から「まあまあ兎に角今は遠足をたのし……遠征任務の確認を今一度しておくか」を筆頭にドングリ拾いに異様に拘る三日月。

虚伝で見た三日月はなんだったのかと思いました。

山姥切国広に一緒にドングリを拾うか、いがぐりを拾うかって誘いをしつこく重ねるのも、ゾッとしました。

え、そういうキャラじゃなかったよね?と。少なくとも本能寺の三日月と比べてわけのわからないキャラの差異に気持ち悪さを感じました。

人を食ったような物言いは本能寺からしていましたが、これはそれとも違って違和感。

そして鶴丸

本能寺初演での「驚かせたいものならある……天だよ!」と天を指してせっかく生まれてきたんだ、天くらいは驚かせてみたいって小夜に向けて言っていた鶴丸、とっても格好良かったです。(役者が染谷さんであることを抜かしても)(再演ではカメラアングルの都合で初演ほどの格好良さはありませんでしたがそれでも、台詞の格好良さは変わりません)

なのに、今回それを翻して天よりも三日月の方を驚かせてみたいって言ってるのには悪い意味で衝撃を受けました。

本能寺であんなに格好良かったシーンを撤回された気持ちです。台無しですよ、もう!

だって「いつかあの天をも驚かせたいと思っている。だがもっと驚かしたいものがある。あんただよ」ですよ。三日月が天より上なんですよ。もう前言撤回された気持ちでショックでした。

本能寺のあんなに格好良かったシーンが、特に格好良く決めたわけでもないシーンに上書きされて、がっかりです。

鶴丸推しじゃないのに、この場面で鶴丸のキャラブレを感じてステの刀剣男士に一貫性がないのではないかととどめを刺されました。

なんで天よりも三日月が上回るかなあ……。こう言っては悪いですが、pixivでBLCP混在二次創作見てる気分ですよ。

 

小夜の逸話説明のターン、影絵の絵本みたいで表現は良かった。

でも、お母さんの声、男の人なのが気になってしまい……。

そこは女性を使って欲しかった。

 

伊達政宗と小十郎と忠興様の関係は好きです。

どうでもいいですけど、忠興様のお父上(幽斎)に関しては藤孝さん呼びしてしまいます。だから幽斎って言われるとむしろわからない。

政宗は衣装替えが多くて、ちょっと舞台裏が忙しそう。

間組は概ね、まあそんなに気になりません。一幕は。

あと内容が内容なので「これ真田丸でやった!」って部分もちょくちょくありましたね。真田丸は優秀。

政宗がもう少し早く生まれていたらっていう悔しさからもしもを思うのは自然なことだったと思います。

とはいえ黒甲冑がああなるのはちょっと唐突感が拭えなくもないかな?という印象。

歴史修正主義者がちょっかいを出しているならいるで、そういう描写(歴史修せ主義者なりの動きをという意味)があればわかりやすかった。ただ政宗の悔恨や羨望、妄執に同調しただけはちょっと弱い気もする。

 

伊達組が兎に角伊達男から離れてる。

仲良しこよしだからそれはしょうがないのだろうか。

だとしても伊達男に拘っているはずの燭台切と太鼓鐘が飛びついてぐるぐる振り回す/されるのは、到底私の中の伊達男という言葉のイメージと結びつかない。

そしておにぎりのくだりでもそう。

初見のとき、率直に今朝産みたての卵が下品だと思った。そしてそれをやったのが伊達男二人っていうのもまた……。

たしかここはアドリブなんでしたっけ?こういうアドリブならいっそいらなかったなあ。

 

歌仙という刀の扱い方。

はっきり言って悪くないですか?

全部が全部悪いというわけじゃないんですけど、一部刀剣につんけんしているせいもあって、小夜と大倶利伽羅の対話に割って入ってくる歌仙にはイラッとしましたし、行きませんって返した小夜に「お小夜が冷たい」って言うのに、当然だろって返したくなるくらいで、そういう使い方しないでほしいと思いました。

別に歌仙推してませんけど、逆に推してないからなんでも許容できるって程寛容になれない。

不動くんと蘭丸という存在に関してはもうどっぷり愛してるので、目に入れても痛くない状態でしたが。

 

二幕

冒頭から政宗・小十郎たちとの邂逅。

かつての主との出会い、言葉を交わすシーンはやはり刀剣乱舞としての目玉だと思います。

いろんな作品でのそれぞれの出会いを見るの、実は結構好きです。

倶利伽羅(若い頃に似ている)と燭台切(眼帯がお揃い)が政宗から直接声をかけられます。よかったね。

なんとも言い難い嬉しさがあったろう。と刀剣男士の気持ちを思うのが好き。

ちなみにこの直前、誤魔化す歌仙の後ろで滅茶苦茶ソワソワソワソワソワソワしてる小夜がソワソワしすぎてバイブレーションしてるの面白くて可愛いです。

 

黒甲冑(自称政宗の心の写し身)との最初の戦闘。

まーた小夜が負傷だよ。というのが率直な感想。

あと今回は舞台の高低差が基本的にほとんどないので、殺陣の動きもわりと小さく感じます。

しかし黒甲冑……関ヶ原が始まることを予言しているけれど、どういう流れからその情報を最初に得たのか不明瞭だなあ。

むしろ黒甲冑が黒甲冑として自我を強く持ったタイミングの方がほしい気がする。

そして政宗が小十郎にどうするかって問いかけるシーンで雷雨。

これはちょっと戦国無双思い出すなあ。「わしは龍になるんじゃー!」ってムービーで叫んでいる政宗思い出す。懐かしい。

決意、意志を定めた場面で雷雨ってのは政宗らしいシーンなのかもしれない。

ところで「かどわかす」って日本語違ってない。

拐かすは基本的に誘拐されるって意味だけど……辞書を見るとだまして他へ連れ去るとあるけれど、うーん?

というか燭台切が黒鶴に対して「役不足かな」って言っていて、そこも引っかかったんですけど。

 

二幕では関ヶ原のループと本丸での小夜・山姥切国広のターンが入れ替わりに入るので、長い。

そして一幕でも書きましたが、やっぱり関ヶ原回想からの同じ流れがやっぱり冗長に見える。そこまで丁寧にやらなくても……。

あと忠興様、なんでいつもこうがなり立てる演技なんだろう。歌仙との会話で常に怒鳴っていてうーん……ってなります。

出番は少なかったけど真田丸の忠興様は静かに不穏な人だった印象があって、そっちの雰囲気の方が好きかな。

 

真剣必殺四人が横並びで歩いて登場。

史上最強にダサい。

サッと入口が開いてなんだなんだと思って見ていたら、伊達組四人が横並びシルエット状態で登場。この時点でアルマゲドンを既に思い出さずにはいられないのに、さらに歩いてくるからもう無理だった。なんだったらアルマゲドンの主題歌が脳内再生される。

しかも脱いでいる。

格好悪い……。

真剣必殺しておいて、その登場はとても格好いいとは思えなかった。

というか無理に脱いだ見せ場としてそんなシーン作ったなら、いっそいらないよ……と思いました。

無理矢理脱がせなくても良いから、別に。

 

黒い鶴丸は、なんなんだ。二次創作あるあるか。

鬼○の○徹(二次)でよく見たし、黒い鶴丸もなんだったらpixivの二次創作で両手の数では足りないくらいに見た。

黒い鶴丸は穢れに染まった存在か、成り代わり主か、どこかしらに欠陥のある存在なんですよね!よく見ました!

映像的にとてもわかりやすいけれど、同時に舞台作品で見たかった演出かと言えば、そんなことは全くない。

とは言え、アニメや漫画みたいにわかりやすいオーラを出すのも難しいでしょうから、演出上しょうがないのでしょうが……。あえて鶴丸であった必要性を考えてしまう。

白いから黒でわかりやすくできるから、なのか。

いったいなんだったのか、黒い鶴丸は。

 

伊達と細川の暁。

この暁はいいんだけど、政宗がよぼよぼすぎて引いた。

なんでそんな過剰によぼよぼじいさんにしたのかわからなくて、えっ……なにこの政宗となりました。

だいたい忠興の方が年上でぴんぴんして溌剌としているのに、政宗をあんなによぼよぼ八十過ぎのじいさんみたいな過剰演出好きじゃないです。

あと忠興さん、戦場が恋しいみたいな言葉残しているみたいだし、うーん……。

伊達家と細川家の暁は巧いんですけどね。

 

ラーメン光忠。

エピローグもうちょっとどうにかならない?

燭台切の料理キャラに頼りすぎじゃないですかね。

本能寺でも燭台切に食べ物を持って来させてアドリブ交えつつやっていたけれど……。

初演→再演→義伝って毎回燭台切の料理で締められてるの見るとさすがにもういいよって気分になります。

それでなくてもステだと燭台切の伊達男ぶりがほとんど感じられないのに、料理キャラ強く打ち出されてしまい……。

もう小夜の笑顔だけが癒し。小夜推しじゃないのに。

三日月の舞もいらなかった、なあ。

ステの三日月は風流な平安貴族ってイメージじゃないんですよね。

むしろ室町以降の武将的な側面が強すぎて、【舞】というのがどうしてもそぐわない。

いや、武将だって舞う人は舞を習ったり披露していたってのはわかるんですけどね!

なんというか私はステ三日月に平安色を感じてなくて、別に余興の舞ならそういう舞じゃなくてもよかったんじゃないの?とか考えてしまうのでした。

あと後ろの手拍子の動きもいらなくない。そういう舞じゃなくない?

 

登場人物

山姥切国広

近侍継続中。

悩める近侍。本能寺で多少前向きになったからか、前回から同じ部隊に入ることが多いのか、小夜左文字の悩みを感じて相談に乗ろうとするが、空回り。

とはいえ本能寺みたいに写し写しでネガティブ発動するわけではなかったので、妥当に成長しつつも不器用さが残っているなという感じ。

厨に入るならそのぼろ布は脱げ。

小夜と向き合う役目。しかしいきなり俺に復讐しろは、ちょっとよくわかんないですね?

もうちょっと言い方があったような気もするんですけど……。

フラグかな?「この強さを極めてみせる」ってのは。

 

三日月宗近

キャラブレを強く感じさせた人その一。

いちいち不穏な前振りをすることに定評がある。

そして声は再演に近いので、まだこの声での演技かあ……と。

今回のメイクどうしたんです?それとも前からこうでしたっけ?相変わらずステのアイメイク好きになれない。

なんだか落ち窪んだように見えて不健康的で、さらに演技で目を見開くことが多いからなんだか目だけぽっかり浮き上がってて不気味です。

とてもじゃないけど天下五剣の美しさは感じられない。

不気味であることを表現したいなら、成功してます。

しかし本能寺に増して叫ぶようになってませんか?

これだけ頻繁に声を張り上げる三日月宗近は解釈違い。

だってゲームの三日月さんは出陣しても、真剣必殺しても声を張り上げる刀じゃない。なのにステの三日月は声を張り上げる張り上げる。元近侍にしても三日月っぽく感じられないのが解釈違いの大きな要因。

殺陣は本能寺の頃より好きです。本能寺のときは腰をかなり落として、重心が低いところにありすぎたので、あんまり……だったんですが。今回はそうじゃなくなったので、少し動きに軽やかさが見えた気がします。

 

小夜左文字

安定感ある~!

可愛い~!

修行行ってらっしゃい!!

殺陣がまた一段と磨きがかかっていたように思います。

次回作は過去話だけど出番はあるのかな?なきゃないで全然いいので、修行からちゃんと戻って来た話はやってほしいです。

 

歌仙兼定

ちょっと歌仙のイメージとはズレを感じたのでやっぱりステのキャストとは解釈の相性が合わないことを痛感しました。

表情の作り方や動作が大仰で、雅やかな感じがしませんでした。

ちょっと動作のナルシスト感控え目にしてほしいような……歌仙ならナルシストは許容されるべきなんでしょうか?

あと声も張ってて、なんだか歌仙って感じじゃないんですよね。ちょっと声を張ってる場面多い印象。人見知りだからか知らないけれど。

殺陣は別にいいです。

めちゃくちゃ人間みたいなこと言ってるな枠でもある。「血腥い男だった。僕の理想とする主とはかけ離れていた」

理想の主像があるって、どんだけ人間なんだよ……。

 

燭台切光忠

あのさぁ……そのウィッグはないんじゃないの?その一。

今作の真剣必殺枠でもあったんですが、脱ぐと胸筋が足りないなって思うので、うん。脱がなくてもよかったかな!!演出も微妙だったから本当脱がされてもマイナスって感じで残念。

あと殺陣が変わってます、ね?本能寺のぴょんぴょんしてる殺陣よりは好きです。

ところでいい加減ごくごく普通の至って伊達な男である燭台切を見たいです。

 

倶利伽羅

あのさぁ……そのウィッグはないんじゃないの?その二。

よくわからなかった。

いや、本当によくわからなかった。大倶利伽羅は結局なにがしたかったんだろう?

ちょっとステの彼を察するには五回六回台詞聞いてるだけじゃダメだな、となりました。

一応わかるのは小夜の逸話をおとなしく聞いてるあたり、優しくないわけじゃないようだ、ということくらい。

関ヶ原政宗が来た時「来たか……!」ってなるのがよくわからない。

 

鶴丸国永

あのさぁ……そのウィッグはないんじゃないの?その三。

黒い鶴丸のウィッグもないと思います。

鶴丸の前髪は子供のおえかきみたいな▽前髪。後ろ髪の長い部分の毛の流れもばきばきしててひどい。

鶴丸があまりにもあんまりだったけれど、全体で見ると、わりとただ善良な人って感じだったように思います。

善良で、ちょっと、面白味に欠けましたね。まあ本能寺ほど存在空気じゃなかったのでそこはよかったんじゃないでしょうか。

ただ三日月を驚かせたいって言わせたことはちょっと許し難いです。

 

太鼓鐘貞宗

貞ちゃん……今回は回想要員?

改めて貞ちゃんの義伝での役割を思い返すと、ひたすらに回想要員だったこと以外役割らしい役割がなくてびっくりしました。

回想要員で、あとは茶々入れられるときに盛り上げ役って感じなんですね。

小夜との殺陣の差異は蹴りのあるなしくらいでしょうか。基本的にどちらも腰を落とした構えをしつつ、短刀としての攻撃方法にはそう変わり映えがありませんでした。

まあでも太鼓鐘がぴょんぴょん跳ねて殺陣するのもちょっとイメージじゃないか?

個人的にはもう少しマントの見せ方が良かったら貞ちゃん格好い~!できたかも?

というかこの関ヶ原が初陣って、貞ちゃん大変だね……。

 

伊達政宗

何故あんなにもよぼよぼにした?

晩年は不満がありますが、メインとなる部分では伊達政宗らしい命題で戦国乱世に焦がれている姿を描くのはよかったと思います。

今回の人間組の中では一番好きです。

どことなく戦国の政宗思い出すところも好きなのかもしれない。平生は落ち着きがあって、どっしりしてる感じとか。

いろんなシーンがあるからか、衣装を頻繁にお着替えしていた印象です。

 

細川忠興

なんで常にがなり立ててるんだろう……。

もうちょっと台詞にメリハリあってもよかったような?

忠興様がやけに戦場から離れる意志のある人だったことが意外。

忠興様にはそういうイメージがなかったですしね。

あと結構素直に政宗が好きですよね。すごいストレートに政宗好きっぷりを出してて、捻くれてるところないな!?ってなります。

忠興様にはひねくれ者なイメージがありまして……。

まあ私はガラシャの方がメインステージなんですけどね!(戦国プレイヤー故)ごめんね、忠興様!

 

片倉景綱

面白小十郎枠。

愉快な人で、わりとテンションの乱高下が激しい印象。

でも忠義の人でもあったから政宗にとにかく付き従っていた感じ。とはいえ、忠義の人ならもっと諫めてよぉ!って感じもするし、ループの中で一度くらいは小十郎殺しててもおかしくないんじゃ?とも思ったり。

まあそういう人間組の葛藤入れすぎると長くなっちゃいますし、メインがぼやけちゃうのでしょうがないですね。

とはいえ、やはり小十郎は龍の右目枠。

そこで政宗が踏みとどまれる小十郎という存在はやっぱり大きいなあと思いました。ちょっとステ小十郎だとあまり大きな人物という感じしませんが。

 

 

相変わらずメイク、ウィッグ、衣装、脚本、キャスト・演出との解釈違いがなくならないから、やっぱりこれはもうステ終了までなくなることはないんだ……。

そして「Q.物語とはなんだ」のアンサーはどこにあるんだろうか……。

中盤まで逸話のことを語らせ、終盤でこの問題提起して、アンサーはどこ?

それはそれとして、全然別になるんですが、舞台挨拶で大倶利伽羅の人が英語で挨拶したら=英語のできる大倶利伽羅だ!ってなる流れはさすがに、観劇者の思考にちょっと苦手意識を抱きます。

さすがにもうキャラではなく役者として挨拶をしているところまでキャラと同一視するのはちょっと……控え目に言って、もう少し舞台の見方を弁えた方がいいと思います。

私が言うなってのもわかるんですけど、さすがにステの大倶利伽羅英語できる~!の流れはうんざりするほど流れてきたので、引きました。

 

ミュージカル刀剣乱舞 加州清光単騎出陣2017

7月30日Show roomで重大発表があると告知されていましたが、それが発表されました。

 

加州清光単騎出陣(ソロライブ)です!

す、すごい……さすがは総隊長。みんなの心の近侍(笑)なだけありますね!まあ私の心の近侍は蜂須賀なんですが。

公式のページはこちら。

ミュージカル『刀剣乱舞』加州清光単騎出陣2017 | ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

10日間全16回公演となります。

チケット先行は8月1日から始まりますので、行かれる方はお忘れなく。

今回構成・演出・振付が本山新之助さんということで、らぶフェスのような大きなストーリーはなさそうです。

嚴島のときも脚本として御笠ノさんの名前があったくらいなので、今回はそういうのが全然ないんでしょうか?

だとしたらどういうライブになるのか、歌唱曲数、公演時間など気になるところです。

個人的には新しいダンスも気になったり!

 

そして……あの、佐藤流司さんの上げたオフショの破壊力が凄まじい。

 

キービジュアル?イメージビジュアル?ポスター写真?を見て思ったのが「これ加州清光モデル使ったMMDで一度はしたくなるやつだ」だったんですが、オフショットが完全に「これ加州清光で見たかった構図の萌えを詰め込んだやつだ……」と思いました。

加州担じゃない審神者ですら息を呑むレベルの加州清光で、未だかつてないほど刀ミュの加州清光が佐藤流司さんで良かったと思いました。

公演自体はたったの10日間ですが、1人で16公演というのは大変だと思います。喉のケアや身体のケアをしっかりしつつ、無事に乗り切ってほしいですね!

ミュージカル刀剣乱舞秋の新作&真剣乱舞祭詳細発表

7月25日に新作情報が発表されましたね!

ということで今回はそのまとめ。まあ先ずはこの動画でも見ましょうか。

www.youtube.com

はい、私の推し美しい。可愛いSo Cute!

私の推し、今剣っていうんですけどね。

ところでこれまで天狼傳からみほとせまで、観劇した際はアンケートを後日書いてFAXしてました。

出て欲しい刀剣男士のところには毎回好きな短刀たちや脇差なんかの名前を書いていたんですが、その中に毎回毎回書いてきたのが髭切です。

髭切なんです!

ということで秋はピンクと「???」カラーを振ることが確定しました!やったね!

兄者には新規実装の時点から好きだなあとなっていましたが、膝丸より早くドロップしたりふわふわしたあの言葉とは裏腹の鋭さが気に入って今に至ります。

という語りはポイッとして、先ずは注目すべきキービジュアル。

縦長になりましたよ!

そのためサイトデザインも変わりました。

はー小狐丸のウィッグのふわふわ感が素晴らしいですよ、このキービジュアル。

ここにタイトルがどう載るのか、楽しみですね。

 

キャストは三条は懐かしのパリにも行った面々。

三日月宗近役     黒羽麻璃央
小狐丸役     北園 涼
岩融役     佐伯大地
今剣役     大平峻也
髭切役     三浦宏規
膝丸役     高野 洸


武蔵坊弁慶役     田中しげ美
源義経役     荒木健太朗
源頼朝役     奥野正明
藤原泰衡役     加古臨王

岩崎大輔 大野凉太
笹原英作 西岡寛修
鴻巣正季 山口敬太
杉山諒二 服部 悠
河野健太 宮尾 颯
市川裕介 伊達康浩
片山浩憲 田巻 篤
寺田遥平 佐藤文平
齊藤謙也 島田連矢

間組は変わらず、そしてアンサンブルさんにも見慣れたお名前がありますね。

それと振付師!本山新之助さんです。お馴染みの方です。

いつもありがとうございます!

そして問題の公演スケジュール。元々11月から1月という大きな期間は発表されていましたが、その詳細が判明。

musical-toukenranbu.jp

こちらのページが公式サイトのスケジュールとなります。

なんと!

東京公演がTOKYO DOME CITY HALL日本青年館ホールです!

と、とうとうAiiAから離れてしまった……AiiAの座席角度好きだったのに……音響は酷くて地獄のようだし、映像も荒くてどんな機械使っとんねんって感じでしたが、立地と座席の角度だけは本当に素晴らしい場所だった。

兎に角キャパを優先した、という感じでしょうか。

まあみほとせの千秋楽のときはキャン待ちにAiiA一つ分でも足りない人数が並んでましたからね……。

11月4日から始まるんですね。ドキドキします。

そして京都劇場で11月19日に終了して、その後は凱旋公演で1月6日から14日まで。

14日ですよ!

刀剣乱舞三周年ですよ。審神者就任三周年……のその日に凱旋楽日。凄い、見たい。さすがにきついけど。

そして国内大楽は梅芸の、メインホールではなくシアター・ドラマシティのほうなので、キャパはお察し下さい。

公演は1月30で終了。

今回、11月公演と1月公演に見事に別れているのは12月のらぶフェスが大きいでしょうね。

19日に終了して、その後休養期間を挟んでらぶフェス2017の稽古開始というスケジュールでしょうか。

12月の頭かららぶフェス始まってしまうんですから、結構キャストさんたち大変そうです。

そんな真剣乱舞祭の日程がこちら。

ミュージカル『刀剣乱舞』真剣乱舞祭2017 | ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

日本武道館……とうとう。

12月8日9日での開催ですよ。

12月の武道館押さえるってなんか漠然と「すごい」という印象があります。

三週間連続で行われるんですよね……すごいなあ。

改めて、日本武道館大阪城ホールさいたまスーパーアリーナの三箇所で行われるらぶフェス。

メンバーとしては国広と安定の二人が欠席。

しかしながら私の推しは揃っている。幸運ですね。

実は今年の締めにやるんだし、去年産かしたメンバーはいないだろうくらいの気持ちでいたので、幕末組がいるの、本当にありがたいです。

だって幕末組の公演は去年で終わってるんですからね!(海外公演除く)今年公演組だけだろうと思っていたら、幕末の刀剣男士も参加してくれる……嬉しい、ありがとう、感謝。

残念なのは弾ける国広の笑顔とテニミュ組のハモリや絡みが見れないことと、太田さん大好き鳥越さんが安定として村正と絡む姿が見られないことです。

いや、でもあの村正ならむしろ安定も脱がせようとするのでしょうか?うっやっぱり見たかったなあ。

しかしやってくれるだけで御の字。感謝をしながらグッズでお金を落とします。

ライブは物販にお金を落とさないといけないもの。

あ、そうだ。らぶフェスでの振り付けは本山新之助さんと幕末天狼傳で振り付けをされたTETSUHARUさんです。本山さんはステージングも担当されるようなので、どうなるか楽しみですね。

 

チケットの詳細も出ているので、忘れずに取りかかりましょう。

リマインダー大活躍。

らぶフェス2017はCDシリアルもあります。

ところで新作公演のタイトルはいつ発表なのでしょうかね?

タイトルわからないと呼びづらいですよ~!

刀ミュ三百年の子守唄4/18マチネ感想・23ソワレライビュ感想

3月以来の凱旋公演観劇。今回はフォロワさんのお世話になりました!大変ありがとうございます!

ついでに2.5Dカフェと刀剣茶寮にも行ってきました!ぼっちではない楽しさ!

刀剣茶寮鶴丸陸奥守アルコールと初恋がおいしかったです。薬研アルコールはなんか……謎の味?って感じでした(笑)

カフェのコースターは2枚だけ刀ステが来ました。2枚の刀ミュはダブりでした。安定と村正に愛されてるのかな?ようこそ!

初見時の反応はそちらの記事からどうぞ。

tjgnmmjr.hatenablog.com

 

凱旋公演なんですけど、うーん歌の方で成長とかは特に感じなかったかな?元々が歌ウマの人たちだったので、安定してるという印象。

ただ先日スタミュミュを見たからこそ思うのは、こうして60公演行う中で喉の調子を維持できるのは大変なことなんだなということ。

休演日の翌日ではありましたが、特別喉に問題を感じる人がいない公演ということに安心感を覚えます。

声繋がりで、今回の公演では3月に比べて物吉の声が全体的に作られていた印象を受けました。

3月は物吉龍儀くんの声がかなり低くて驚いたことは前回感想に書いたと思いますが、今回の凱旋公演では一歩進んで声でも役作りをしていたように感じられました。

物吉をやることに慣れて声を作る余裕が出てきたのかな?だとしたらいいことです。もっともっと物吉くんに慣れて声の演技ができるようになったらいいと思いますよー!

その流れから姉川の戦いで蜻蛉切に喝を入れるシーンが、3月に聞いた時よりも叩きつける感じがなくなって、強い語調ながら諭す感じが増えてましたね。

個人的には3月より好き。

同じく声の演技で変わったなと思ったのが石切丸。

えーと桶狭間?姉川?で大倶利伽羅と戦い軽い剣だと言う一連の声音が3月のときはカッと怒りが爆発するみたいな声だったのが今日聞くと、怒りよりも別の感情があったような?

なんだろう……落胆なのかなあ?とりあえず3月のときみたいに大倶利伽羅の言葉への怒りが減ってるんですよね。(個人の主観です)

あのシーン、石切丸の笑いから始まりますが、その笑い声も怒りというよりかは「馬鹿すぎて言葉にならない」という感じのが近いような?

とにかくここは聞いていて「御神刀感が増してる!」と感じました。ただ大倶利伽羅を怒るだけじゃない、そこから一歩踏み込んだ演技って感じがしたんですよね、きっと。

 

今回、コメディ部分の間が3月より増えてましたね?

間をとって遊ぶんだから…………も〜!好き!

あと村正の指の動きはやはり妖しい。そこが良い。

今回蜻蛉切の胸のあれを触る時の指遣いが初回に見た時と違ったから、きっと毎回違うんだろうなあ。

ちょこちょこーっとくすぐる動きですらソフトタッチだったり、まとわりつくようだったりするから、太田さんがよく言っておられたことですが、その日その時の舞台の上にいる刀剣男士を共有できるのがその場にいる人だけ。すごいことなんだなあ、舞台はって思いました。

全然そういうのとは関係ないんですけど、村正がなにかの動きのときに普段は隠れている左足のガーターベルト?がチラ見えしたの本当に最高。チラ見えっていうか結構しっかりでしたけどね!!下手席ハッピー……。ハッピーすぎた。最高です。自分、当日引換券以外下手という呪いにあってますが、村正の左足ガーターベルトが見れるなら下手席も悪くない。

やっぱり太ももフェチは太ももの魅力に抗えなかったよ……今回もついつい村正の太ももを目で追ってしまったので意識的に太ももから視線を外すのが大変でした。

普段隠れてる左足のガーターベルトが見えると気持ちがソワッてします。ソワッ。ソワァ。

というか一瞬一瞬の太ももの映像が頭の中に焼き付いてるの視点がおかしすぎる。

でも太ももフェチとしては視線を引っ張ってくれる太ももがあるというのはとても楽しい。

 

村正の殺陣を見ているとやはりこう……気性の激しい部分が出てるなあと思いました。女王様みたいに時間遡行軍に座ったりもしますけど(あれどのくらいちゃんと座ってるのかな……?)蹴飛ばしたり突き飛ばしたりみたいな動きが結構多いしがしっと捕まえて引き寄せるみたいな動きもあったような?

ああいうノリだけどやっぱり好戦的な感じがあって良いですよね。可愛い可愛い。

バーサーカーなところも愛しいというか可愛いので撫で撫でしたくなりますね。

 

禊は蜻蛉切でした。

禊よりも禊前後の遣り取りの方が面白いんだよなあみほとせ組は。

禊ネタ入る前の蜻蛉切にいいですか?って物吉が聞いたらまだダメみたいなこと言って繋いでてみたいに言ったと思ったらすぐやるっていう流れが面白かった。

 

あ、そうだ。やっぱり石切丸のあの手記は下手じゃないと見えませんね。上手からだと全然見えなくて「なにか描いてあるんだろうなあ」って感じでしたが、下手だとちゃんと向けてくれるのでなに描いてあるかわかるんですよね。これは下手側が笑うのもしゃーなしです。ライビュではここ、ちゃんとなに描いてあるか映してほしいなあ。

もうライビュもすぐですね。国内千秋楽までカウントダウンが始まっているのかと思うとあっという間という気持ちでいっぱいです。

今回は配信もあるのでライビュ会場に行けない人はそちらをどうぞ!

とか言って、放置している間にライビュも終わってしまいましたね!びっくりだぜ!

しょうがないからライビュの感想も一緒に書きますね!

その前にゲネプロ記事に記載されている一部ミュージカルパートの歌曲タイトルを一応出しておきます。普通にタイトル出すので。

脱いで魅せまショウ 村正ソロ

勝利の凱歌 石切丸・蜻蛉切・物吉・村正

刀剣乱舞 

かざぐるま

可惜夜(あたらよ)の雲 村正ソロ

ただ、勝つために 蜻蛉切ソロ

瑠璃色の空 子守唄

*1

とりあえずゲネレポ記事見たもので拾えるタイトルは以上です。

見たらわかりますけど、同じ歌を歌う人を変えて歌っていたりするので、曲数自体は多いわけじゃないんでしょうね。

『かざぐるま』と『瑠璃色の空』がそうですね。

みんなで歌うバージョンと、石切丸だけが歌うバージョン。瑠璃色の空は子守唄で一番と思われる歌詞が物吉が歌う「夕紅(?)~」から始まりますが、タイトルはこれ石切丸が歌う「瑠璃色~」のよりあとの部分がメインなんですね。

そして可惜夜の意味は明けてしまうのが惜しい夜という意味。*2

 そういえばこの歌曲タイトルの発表はいつになるんだろう……二部のタイトル不明のまま終わりましたけど……。だってゲネレポにも二部歌曲タイトルはなし……。現在(5/6)把握しているところでは。

早く公開してほしいものです、公式から。

 

さてライビュ感想ですが、今回は配信もあったため、ライビュでは上映前のコメントのみでした。ちょっぴり寂しいね。

けれど開始前だからか、こちらはキャラモードが若干強め。レポを見る限りでは配信にあった公演後コメントではキャラよりも役者の素が強めだったようですね?これまではライビュの〆としてそれを見ていたので、ないとなると寂しいやらおわったという感じがしないやら……という気持ちです。

配信があること自体はライビュ会場に行けない人のためにもいいんですけどね。

けれど今回のライビュ抽選?の仲介企業ははっきり言ってもう使って欲しくないなって思いましたね。

会場キャパより多い人数当選させて、電話でいきなり別の会場なら用意できますとかって問題起こすようなところはさすがにね……しかもこのライビュ先行取るために新に会員登録しなければいけなかったわけですし。

という中間業者に対する愚痴はこのくらいにして最早おぼろげな感想です。

ツイッターに書いたことも再利用します。

今回もカメラスイッチはまあまあ。けれど個人的にはちょくちょく不満点がありました。

アップが多かった印象。大事なところの表情アップは嬉しいのですけどね(最後の石切丸の手記を見た大倶利伽羅の表情アップとか)、けれど井伊直政として村正が自己紹介しているところは引いてくれないと蜻蛉切の様子が一切わからないよ。

ここ凱旋で蜻蛉切が槍を落として唖然としている姿に笑ったから、やっているなら映してほしかった。

というか私はその時気がついてなかったんですけど、槍を落とす音がしてたらしいのでやってたんだろうな……。ライビュはこういうことがあるから、やはり生で複数回見たいですね。でないと細部とは言わなくても舞台の広範囲を視認することができないです。

ま、そんな感じで不満はありつつも以前のように変なカメラ切り替え(誰もいないところ映すなど)をしてしまうことはなかったと思いました。たぶん。

ライビュカメラ、それでもこの作品は特に表情演技が大事だと思っているからか、要所要所重要な表情はしっかり抜いてくれていた印象もあります。

個人的には一番確かめたかったラストの大倶利伽羅が微笑んだところ。ここ初見のときに「!?」てなったポイントだったからライビュで見るのを待ちわびていたくらいです。

そしてやっぱり自分の見間違いじゃなく微笑んでいたので、ここはカメラに感謝。

 

そういえば前回触れるのを忘れていた人間組検非違使についてちゃんと触れておきます。

徳川家康

憎い東軍総大将であり大阪の陣の総大将。

桶狭間はまだしも、姉川はつらすぎた。このあとの浅井家の流れを知っているともう、「や、やめてくれぇ……やめてくれぇ……」としかならなかった。

刀ミュの徳川家康はあまり策略を巡らすという感じではなかったですね。基本的に物吉たち刀剣男士が歴史に起こったとおりになるように操縦していたからというのもありますが、まあそのあたりの出来事やってたらきりがないし、大河ドラマになってしまいますからね。

だからか、まあ良い人という感じが強いかもしれませんね。良い人だろうがなんだろうが、浅井家は滅んだし(その血は徳川にも流れますけど)豊臣も滅ぼされたし……滅ぼされたし!!

クッ……演技も良い人感が強いように思いました。

そしてこの作品の中で彼から刀剣男士たちがどう見えているかは一切語られませんでしたね。でも物吉が隣で「いっけー!蜻蛉切様ー!」って言ってるのを見ると、やっぱりある程度の補正がかかっているように思いますよね。

たぶんあそこは物吉と家康は見たとおりの位置だと思うので距離が実際にはあったとしても、やはりお互いが視界に入るレベルじゃないとわざわざ戻った意味もないと思うんですよね。(舞台的な場の都合です)

もしも家康やあの時代に生きる人々には刀剣男士たちの姿だったり言葉だったりがなんらかの補正がかかった状態にあったとしたら、家康の最期のときには彼らはどんな姿に見えていたんだろう?

それにしても家康の最期滅茶苦茶幸せそうですね……むかつきえーとそう、さすがは勝者の物語ですね。

長年仕えて育ての親でもある刀剣男士たちと本物か偽物かはさておき息子に囲まれて死んでるんですよ。

阿津賀志山の義経公は自身の刀に殺され、天狼傳は近藤さんを斬首するという敗者たちの姿だったから家族に看取られる家康が幸せすぎて余りにも……憎いいぃぃ。

時代的にも人物的にもどうしても塩対応になってしまいます。

二部で「徳川家は好きかー!」って聞かれましたけどすみません、ここはノれませんでした。好きとは嘘でもペンライトを振れなかった……。

鷲尾さんが嫌いとかではないのでキャラ個人で好きかと言われたら決して嫌いではないのでノってペンライト振れたんですけどね……。でも良い人なのは伝わってくる演技でしたよ!!(精一杯のフォローです)

 

松平信康

良い子だ……。

いずれ失われる未来のために大事愛情を持って育てられた存在。

一言で言ってしまえばこれですよね。

心優しく刀を持つことができなくなった青年。

最終的には死んだとも生き延びたとも取れる終わり方なのが良いです。

この終わり方にしたのは信康生存説があるからでしょう。個人的にはなので信康は生き延びている派の解釈です。

石切丸に育てられた子だから、石切丸の子守唄(瑠璃色)が彼の人生なんだろうなあと思ったり。

吾兵と親しく交わることで、人には戦を知らない生き方があることを知り、そんな生き方への羨望があったのかもしれない。元々植物が好きな子のようだし。

吾兵との出会いがなければ信康という掛川の吾兵は生まれなかった……と考えると吾兵はとても重要な存在。

信康は武器を持つ男の手であることより、畑仕事をする男の手を選んだ。それは信康にとって、これまであった全てを捨てることでもあり、吾兵から与えられた僅かなものを溢さないようにしたとも取れるでしょうか。

個人的に行間を深読みして、創作脳を発動させた結果、検非違使に斬られたあと、六人がどうにか検非違使を撤退させることに成功→満身創痍のみんなは手入れの必要もあって本丸に一度戻ることに。この時信康も本丸に運び込み、治療を施すことで延命→そのまま信康は死んだことにして元の時代で農民として生きることに。

というような行間からの隙間を埋めました!

審神者だけが楽しい!っていうかそういう話はあとでちゃんと文章にします!

 

竹千代

可愛い。

大変残念なことに子役ターンなのに、子役一人の演技しか見られなかったのが無念。

タイミングが合わずにもう一人の(ちっちゃい方)竹千代が結局見られず終いに終わってしまったから、本当に、お願いだから両方円盤に収録してほしかった。

物吉と「えへへへ」と笑い合うシーンと、吾兵の手と自分の手を比べているシーン、かざぐるまの最中に行われる勉強シーンや剣術の稽古のシーンよかったなあ。

子役だから、二部のときのカテコには登場しないのがちょっぴり寂しい審神者

 

吾兵

なんか癒し枠。

徳川家が好きじゃない私にとって、唯一素直に心から応援&好きだー!と言える人間。

両親を戦で亡くし、生き延びた妹とこれから……と思っていた矢先に妹も戦で亡くす。戦国の習いとは言え、世知辛い。特に戦う力のない人間は食糧も女も家も土地も命も搾取される側になってしまうのがな。

だから吾兵が復讐心を持って戦に立ち向かうのはとても行動力のあることだったと思う。

榊原に懐いたのは、どういった心境からだったんだろうなと考える。

そもそも吾兵は自分が武士ではないから【刀を持っていない】、【刀で戦えない】ことを気にしていた。→これは家族を奪った戦への手っ取り早い復讐ができないからというのもありそう。

榊原は吾兵にとって手段だったのか。

吾兵は家康や信康ほど描かれていないから、判断するにはちょっと難しいですね。

でも吾兵にとって榊原が手段以上の存在であってほしいな……。最期まで榊原=手段の人であったりしたら榊原のしんどさを考えると、榊原が可哀想になってしまう。

結論を言うと吾兵は可哀想な人だった。でも彼がいることで信康が吾兵として生きることが許されるのだった……。

 

検非違使

格好いい……。

&格好いい。

そしてあの衣装でこの動きは凄い。素直に凄い。槍捌きが凄い。

機敏な槍捌きは圧倒されます。どう足掻いてもあんな視界の悪そう&関節部分の動き悪そうな衣装であの動きは本当に凄いです。検非違使の中の人が知りたい。

登場から検非違使ダー!!ってなりますからすごい。気分は「りょ、呂布だー!!」「忠勝のBGMだ!逃げろ!」と一緒です。

さて検非違使のこの作品での解釈!ゲームでの設定も含めてね、考えていきます。とは言え、ゲームでは登場時のあのメッセージからしか検非違使は推測できないんですけど。舞台でもやはり検非違使自体はなにも語らない存在でしたからねー。

検非違使出現条件→その時代に通う/長く留まる歴史を歪める/変える

基本がこれですね。うん、今回みほとせで登場するのも納得ですね。阿津賀志山で義経と弁慶が生き残っているよりも大きな歴史改変が行われていますからね、みほとせは。

これには検非違使も「流石にもう我慢ならねえ!!」と出て来てもしょうがない。歴史に弱い審神者ですら「うっわ徳川の家臣死にすぎ問題……」とどん引きする冒頭ですからね。

審神者はゲームしていても検非違使=時空(或いは正しい歴史)の概念存在という認識。誰か人が時空警察をしているんじゃなくて、歴史そのものが歴史警察をしている。そんな感じです。

だから検非違使自身はなにも語らない歴史修正主義者の黒猫や、義経公の太刀と違って自分の意思ってものがそもそもない?)分、忠実に歴史の出来事を守るのかなと。そこに人や出来事に対する「情」や「利害」っていうものが一切混じらないのが特徴。

今回先ず登場時点で後の徳川家重臣たちの親が次々と殺されたことで検非違使が時間遡行軍を粛正。

その後信康が自刃したとされる日に信康の介錯人として立った石切丸が介錯できないとなったところでまた登場。

信康を斬り、それで検非違使の仕事自体は終了だったと思います。

この検非違使はたぶん歴史の中の本当にあった出来事だけを追い求めてるのではないのかな?というのは信康生存説を採ってるからです。

優先順位として歴史のなかで一番有名・有力な出来事・説が行われるように実行しているのかな、ということです。

それで優先順位一位がダメだったとしても結果として優先順位二位や三位に来ていた歴史的出来事になるのであれば検非違使はそれで良いのかもしれない。

だから信康は吾兵という人間になって生きることを検非違使に許容された。掛川の吾兵という人間がどこかのタイミングで死んでもそれは歴史的に大きな影響を与えるものではなかった。

結果的にはそういうことになるのかな?

まあその前にあの時代に現れた検非違使は倒された……と思いますけどね。でもそこから先の歴史が検非違使にとって許容されない歴史になっていたらまた現れていたでしょうし、やっぱり許容されたんでしょう。

検非違使……今後も出て来るのでしょうか。

というかふと思ったのですが、阿津賀志山で検非違使が出て来なかったのは、泰衡が義経と結託しても、歴史の結果としてはそう大差がなかったということなのでしょうか。あそこに刀剣男士が現れなくても……。

少なくともあのタイミングでは検非違使が現れる程のことではなかったということですよね。(メタ的なことは無視して)

 

 

ところでもうCD予約始まってますよ……こわい。円盤ももう発売するし。

www.youtube.com

告知動画も来てますよ。こわい。

全落ちのかなしみと徳川家絡みであることがこんなに手を鈍らせるんだなと初めて知りました。

新作の情報発表あであと三日のカウントダウンもされてますし(五日前から)、CDのアーティスト名はformation of 三百年だし。

次回作はもっと機敏に活動していきたいです。

とりあえず次回のShow Roomでの生放送は7月30日に佐藤流司さんが担当なので楽しみです。

ミュージカルスタミュ4/9ソワレ・東京千秋楽の感想

今回に関しては完全にキャラ愛や作品愛ではなく俳優推しとしての参加なので視点の偏りが酷い感想です。ご注意ください。たぶんスタミュ好きさんからしたら「はあ!?」てなるかもしれません。

 

公式FCチケット(全会員対象)で取れたので行ってきました。

きっかけは勿論刀ミュで蜂須賀虎徹の高橋健介さんが出るからです。

スタミュリアタイ時は絵が好みじゃないというのとDwDというミュージカルアニメが面白かった(ダンデビはいいぞ!ミュージカルもあるぞ!)こともあって完全スルーしていたので、舞台行くのにさすがに見てないのはなーと一応全話視聴済みです。

不自然な歌の入りにキレながら見ました(笑)というアニメへの感想はさておき、今回は完全に推しのための定点カメラになるつもりでの参戦です。

ところで六本木ブルーシアター初めてなんですけど、鳥居坂に苦しめられました。誰だ、ソワレ後に2.5Dカフェに行こうって言い出したの。

ちなみにカフェには乗り換えミスって20分遅刻でした(怒)店員さんごめんなさい&入れてくれてありがとう。

カフェは今回も私に優しかった……本当にありがとう。コースター全部刀ミュで癒された。

 

2.5舞台に限らず、舞台の千秋楽というものは一応今回が初めてです。

とは言っても、私自身は特になんの気合いもなくブルーシアターに入ったわけですが……。

千秋楽スタオベ文化ってなんなんですかね。舞台で挨拶するキャストが見づらくなるだけで個人的には好きじゃないです。

ライビュとかでもスタオベのせいでカメラの画面が阻害されてしまうし、スタオベにいい印象がないんですよね。

正直スタオベよりも「ブラボー」って声かける文化の方がまだ身近です。まあ私はありがとうってすっごく言いたくなるんですけど。ブラボーと言いたくなるのは多分これまで見てきた物の違いでしょう。どちらかというと演奏会の方に向かしから行ってましたから。

 

感想なんですが、ちょうどニコ生で一挙放送があったので、それを再生しながら振り返っていこうと思います。

アニメ12話分をぎゅぎゅっと2時間30分という舞台尺に収めているため、当然ながらストーリーでカットされている部分や改変されているところというのは多いです。

とても大きいところで言うと、鳳と柊兄弟の過去やそれにまつわる話なんかはほぼありません。一応話してはいますが、幼少期のことを長々と語ったり二人の歌というのはありませんでした。たぶんここ入れてると3時間くらいにはなるでしょうからしょうがないですね。

あとは那雪家の双子ちゃんがいなかったり、合宿の話はばっさりカットだったり星谷&那雪の休日デートなどの鳳先輩が恋しい日々みたいなところも省かれていました。

そういえばパンフに曲載ってますね。タイトル全然知らないのでわりと見てもわかりませんでした。

開始はアニメ一話冒頭と同じ。

雨の中野外ステージで練習している鳳を見つめている星谷からです。

印象として星谷役杉江大志さんの声がメサイアや刀ステより低く感じました。喉の調子がよくなかったのか、そういう役作りだったのかはちょっと初回だったのでわかりませんでした。ただ声が掠れる感じではなかったから大丈夫だったのかな?

舞台の下の方で鳳が踊り、それを舞台上から星谷が見ているっていう感じでしたね。

その後綾薙学園校門あたりでの場面になり那雪との出会い。

で一曲目が華桜会ご投稿ソング『我ら、綾薙学園華桜会』からスタート。

冒頭のこの辺りでびっくりしたのが華桜会の制服って凄かったんだなということ。

いや本当にアニメでは全然そんなこと思わなかったんですけど、実際にあの衣装で踊っている姿を見て、華桜会制服ジャケットの燕尾形状の凄さには驚きました。

ターンを決めたりジャンプをしたり、ステップを踏んだり、しゃがんだりとする度にふわっと腰あたりから広がったり、浮き上がったって尾を引いたりする様子が格好いいんです!

もう刀ミュの感想でも何度か言ってますがひらひらしたものが好きな私としては、大変好みな具合でした。アニメで見返してもやっぱり燕尾部分の翻りが物足りなくて、舞台の衣装さんが実現させてくれた凄さに頭が下がります。

燕尾ジャケット最高なので、是非ニゴステの配信や大阪公演では燕尾の動きに注目していただきたいです。

そしてこれが終わってからteam鳳のメンバーが出て来て(推しが下手の舞台上から出てきたような気がするんですが定点カメラしすぎて最早記憶が曖昧なのおかしい)アニメOP曲の『DREAMER』を歌ってゲネレポ写真にもあるスタミュのタイトル看板で暗転。だったかな?

いやほんとこの辺入学式のあとにOPだったのか入学式前にOPだったのかよく覚えてないです。(ストーリーを整理するよりもカフェへのチキンレース始まってしまいましたから……)

 

ミュージカル学科試験なんですが、この場面が始まるとかなり早い段階から鳳が下手客席の前出入り口の辺りに立って試験の様子を見守っているんですよね。でもこれ通路より前の席の人たちはあまり気づけませんね。後ろの席だと鳳にライトが当たっているので、それで気がつけるんですけど……。

大阪で観る方はどうぞ試験中に見守っている鳳を観て下さい。ただ後ろからだと背中しかほぼ見えないから……上手の中央通路寄りだともしかしたら表情を覗けるかもしれません。前列なら振り返れば表情が確認できるはずです。

もう鳳面接の場面で舞台に上がるまでの結構長い時間そこにいたのでびっくりしました。

さてそんな試験ですが、ちょこちょことアニメではわからない部分を加えてキャラクターそれぞれの要素をわかりやすくしていた印象。

推し空閑ならこの時点で虎石との会話があり遅刻した話からこの試験から取り返すという台詞があったり。

観ていて「えっそんな台詞アニメにはなかったよね!?」と驚きましたが、わかりやすくなったのでオッケーですね!

この時点で虎石とそういう会話が交わされることで初心者にも大変わかりやすく空閑と虎石は以前からの友人関係であることがわかります。

そうした細かいところでの紹介みたいなのがあった印象。

ちなみに空閑はダンス試験にちょっと参加して終わりました……これで受かるのは難しいよ……。

そんな感じでまあ星谷ソロの『星のストライド』でしたかね。

ところで星のストライド聞くと幻聴が……なんか鳳デュオVerが強すぎるんですよね、曲として。完成度という意味でもデュオVerが完全体って感じです。

というか私アニメ一周しかしてないのに、すっかり鳳デュオVerが刷り込まれてるの恐怖では?えっよく考えたらこわっ。諏訪部さんパワー怖すぎる。

 

初稽古の日。

空閑は黙々と下手側上舞台でアップをしてました。座って体捻ったりとかね。私はそんな空閑の姿を無意味に双眼鏡で見てました。

だって空閑をやってる推しを観るために行ったわけですから、推しを観ないという選択肢がなかった……。

体捻ったり腕の筋を伸ばしたりっていうのを下で星谷や天花寺たちのやり合いをスルーしているのが本当に……定点カメラしてたから全然観てませんでしたけど、配信でどうせ確認できるので貴重な推しをじっくり観られた生は最高ですね。

(基本的に今回の感想はそういう推し最高って感想しかないです)

そういえば綾薙学園殺人事件ってやってませんよね?かといって稽古なにしたっけ?みたいに記憶が薄すぎて困りました。これが感想が偏る原因です。

 

アニメでは二話に入っている那雪の『MY FRIEND ~僕でよければ~』は一幕中で歌われませんでしたね。その代わり二幕開始から那雪のデレというか星谷への心情吐露から始まってこれを歌っていました。

このように歌を入れる箇所を変えているのもスタミュミュの舞台ならではといったところでしょう。

同じように改変としてわかりやすいのはアニメと違ってミュミュが違う場面を同時進行するためにいくつか起こっていました。

舞台下手側で星谷の天花寺攻略を。舞台上手側では那雪の空閑攻略といったようにですね。

ぶっちゃけ空閑&那雪の流れは完全に那雪のご飯に釣られた空閑でした。

そういえばココで噂のカップ麺と弁当を食べる空閑でしたが、本当に食べてました……。双眼鏡定点カメラで観ながら「本当に食べてる……」となりました。あのカップ麺はいったいどのタイミングから用意されているんだろうか……中身は少し減らされているのだとしたらスープ自体も量を調整されているんだろうか……。みたいなことが気になりました。

推し、刀ミュでは伏見のお酒(仮)を一気飲みして芝居継続からの歌っていう鬼畜っぷりでしたが、ミュミュも負けていない。カップ麺を食べ直後に那雪弁当をつまみ、2日はさらにカテコで誕生日ケーキ!

次の舞台では飲み食いのない役だといいね!

そして空閑の歌は上手側で歌っているせいで、わりと見づらかった……。前の席の方の頭で舞台が結構隠れちゃうんですよね。そのせいで空閑がピアノ弾いているシーンは結構見えなかったりでした。

ブルーシアターの座席角度なさすぎてがっかりでした。シート自体は背凭れにもたれやすくて固さも丁度良かったんですけどね。

あ、でもこれだけはわかります。那雪の弁当ちっさい!

さて同時進行で行われた天花寺攻略の方はと言えば、星谷の背後に立ちはだかる見えない壁が面白かったです。

そしてタヴィアンは人形でした。

タヴィアン探しのここではアニメでは前半登場のない戌峰が加わってきます。

ここで自己紹介も済ませてしまいましたね。いやーしかし戌峰、すごい戌峰ー!って感じですよね。出て来て動いて喋ってるの観て「うわっ戌峰だ」ってなりました。

team柊がこっちは犬探してるんだよ!ってなったので、おやおやとは思いましたが、案の定犬が猫を見つけてはしゃいでいる姿が見られました。

まあすんなり見つかったんですが、戌峰がタヴィアンをちょっと待っててね~って置いて歌ってる間にまだいなくなっちゃうんですが(笑)

しかしこの戌峰たぶんアドリブ多いんですよね。他の場面でもそうでしたが、東京楽だったからたこ焼きネタで柊をいじったりして、柊もそれに対して大阪楽しみですねって言ったり。ここはアドリブかなーと思いながら笑っていました。

 

一幕ではあまり那雪にスポットがあたってる感じはありませんでしたね。まあ単体歌がないですから当然なんですけど。あと双子ちゃんがいないのもあってどうしても那雪のインパクトが下がる気がするんですよね。

で、team柊の方はこうした戌峰のアドリブを含めて、ストーリーからカットされた分を別のところで補って一幕から出て来るので、team柊に関しては接する時間が増えたようにも感じますね。実際そこまで大差はないと思うんですけど。

あ、でも二幕ではteam柊の海賊ミュージカル『Caribbean Groove』がカットされずに聞けるので良かったですね!

かっこよかったです。アニメではぶっつりカットされているので、こういう歌だったのかと感心しました。

 

中の人がそのまま外の人をやった月皇。

やっぱりこの曲だけは入り方も演出も他とは違うなあって思いました。

そしてこの曲のランズベリーさんの高音がとても素敵。高音すげーってなりながら聞いてました。

白い布三枚をふわふわさせるあの演出はいったいどんな意図があったのか知りたい。

というか一挙放送見てから知りましたがこの曲40mPの作詞作曲なんですね……。わーお、知らなかった。この人の曲は知らないんですけど(そもそもKAITO派で民族調の曲をメインに漁っていたので)P名だけは有名なので把握してました。成る程だからちょっと他と雰囲気が違うのかな?とか思ったり。

月皇兄の方は今回は出番が少ないのでアンサンブルさんがやっていました。

もし続編が決まったら、兄の方もちゃんとキャスティングされるかもしれませんね。アニメ二期でアンシエント枠の登場がどうなるかですけど、まあアンシエント歌があるなら可能性高いですよね。

忘れていたけど那雪弁当争奪戦の喧嘩シーンはスローモーションが面白かったです。

台詞までスローモーションになっていたから余計に、ですね。

 

一幕は『アヤナギ・ショウ・タイム』で終了。

双子ちゃんがいないので衣装のあれやそれやの問題もなく、ここはすんなり歌って終了という印象。

開始前の運勢が~っていう話では握手のくだりがアニメのとおりにあるんですが、星谷の背後で空閑が右手をずっと出していたのに笑っちゃいました。

ずーっと出してるのに星谷振り返らないから、空閑が可哀想でしたね(笑)

生でアヤナギ~のダンス観てると、やっぱりアニメで観るよりいいなあってなります。ダンスはやはり生が一番だ……。衣装の動きだとか、そもそも画面が勝手に切り替わらないから全体を見ることができますしね。

ひたすら空閑を追いかけてました。

team鳳Verのアヤナギ~はホント曲が楽しいですね。

ここで十五分の休憩。

 

そして二幕が那雪のデレと歌から始まり、ちょっと駆け足のように感じる勢いで進みました。

密度としては一幕の方がいろいろあった分濃かった気がしました。

というのもまあ後半はアニメでのストーリーをかなり削っていたので駆け足に感じるのもしょうがないんでしょう。

兄弟のことやらない、鳳先輩に会えなくて……っていううだうだもないと、結構早いんですねここ。

そしてやはり星のストライドの鳳デュオVerはよかった。やっぱり星のストライドはこれだなあと思うのだった。

一緒に歌っているときの星谷の表情と鳳の表情よかったです。決意するような力強さというか、未来への希望とか明るさを感じる表情なんですよ、星谷。うーん杉江くんの表情好き。

そういえば全然触れてませんでしたが鳳のダンスやっぱり凄いです。基本をしっかり学んだ人の動きだなあって思いました。

贅沢を言うならもっと鳳のダンスを見たいですね。バレエダンス以外の動きも。

 

リビアンの演出の話ですが、舞台上の方にスクリーンが出て来て海賊旗の映像が出るんです。これが風にはためくようにゆらゆらしながら、舞台下の方でteam柊の五人が歌って踊るんですが……あ、ダメ舞台のことよりも最後のカテコのあとでたつみんが誰かにお姫様抱っこされて退場していったことに頭が行ってしまう……本当にあれは誰が抱っこしていたんだ……。

虎なのか申なのか……。たぶんどっかで目撃者の証言は上がってる。

リビアンの歌をこうやってちゃんと聞いたことで、改めてカリビアンの歌が持ってる格好良さを感じられたのは本当によかったんですが、わりと終わっていきなり「次はスターダストミュージカル!」ってやるからちょっと突然すぎない?ともなりました。

あ、でもこのカリビアンの時は特にミュミュの観客=team柊のカリビアンの観客になる同一感というか融合した感じに感動しました。面白かった。劇中劇を生で見るからこその気持ちだったかもしれません!

 

そうだ。アニメを一周しかしてなくても曲がキャッチーだからか印象的なのはやっぱりあって、『五重奏~クインテット~』や『☆☆永遠★STAGE☆☆』は聞くと盛り上がるというか「特殊EDだ!特殊EDだ!!これ特殊EDのやつだ~!」ってなりました。なりません?

なんで特殊EDでそれだけ盛り上がったのか、自分でもよくわかりませんね。なんで??

でも永遠ステージでキャストが出て拍手するのは楽しい。

楽しい。

というかスタミュミュの拍手が普通と違うのが「えっ!?」ポイント。

パンパンパンパンパンパンと手拍子していながらキャストがお辞儀をすると瞬時にパチパチパチパチって拍手になるんですよ。

もう意味わからない。謎のスタミュミュ文化?でした。面白い。

 

ミュミュ、ゲネ写真とか動画をちょっとだけ見てから行ったんですが、改めて舞台装置がすごくごちゃついている印象でありました。

しかも面白いことに歌ったり踊ったりしながら舞台装置をメインキャストが動かすんですよ!びっくりじゃないですか!

階段とかメインキャストが動かしてるの見てびっくりしましたよ~。

アンサンブルさんだけじゃなくメインキャストが、っていうのもそうなんですけど舞台装置がまあ……見て頂くとわかるんですけど、すかすかなんですよね。骨組みとか見えてて、目隠しとかないんですよね別に。

そういう意味では舞台の上がごちゃついて見えやすいと思います。持って移動させる分にはこれは掴みやすいと思いますが。

まあたぶん私が見てきた舞台が刀ミュとか刀ステとかメサイアだとかグルステなんかなので、舞台装置はわりとスマートなものを見てきたと思います。もしくは移動が少ないとか移動大道具があってもそれを誰が動かしているか見えないものだとかですからね。じゃなかったらあとはオペラとかバレエになってしまいますし……。珍しかったから見慣れない物への落ち着きのなさはあったと思います。

でも舞台装置が気になって意識が散るということもあったかな……。舞台装置を移動させながら歌っているものですからね。

 

カテコの舞台挨拶の話。

杉江さん名前間違え噛み噛み多くてお疲れ様です(笑)座長として大阪も頑張ってください。

鳳役の丘山さん、「めっちゃ巧いこと言いましたやん!!座布団三枚!」って気持ちでした。アニメ2期1話にも触れて、星谷にえ?ってやってて面白かった。

ランズベリーさん、そのコメントは誰も勝てないずるすぎ案件。「またアニメで会いましょう!」中の人が外の人をやる強み。

高橋さん、杉江さんの頭に金紙ふりかけててもう、意味わかんない。変なことしないでよ!可愛いから!ちょっと空閑のままで一言もあってサンキューって思いました。この人こんな変なこと突然するでしょ?でもウルトラマンの方のイベントだとめっちゃトークとか客いじり上手いんですよ……わけわかんない……。パンフにもありますけど、ウルトラマン本当に大好きなの微笑ましい。

 

以上ざっとした感想でした。

ぶっちゃけ2.5Dカフェへ急いだのでなんの整理もできないまま来てしまい感想らしい感想が推し最高しかないところどうにかひねり出したのがこちらです。

なにか思い出せたら追記します。お付き合いありがとうございます。

 

 

 

以下スタッフと客への愚痴。

アンケートにも書きましたけど、本当にスタッフの誘導酷すぎてなんだこりゃ!?でした。

会場外に会場入口への通路を塞ぐかのように広がっているトレーディング集団にイライラしました。トレーディング文化が一気に嫌いになりました、ありがとうな!トレーディンググッズなくなればいいのに!

トレーディング商品入れるならトレーディングコーナーをちゃんと作ってほしいし、ファンもファンで道を塞ぐように広がらないでほしいし、ファンが道塞いでるなと思ったらスタッフは誘導くらいしてほしかったですねーガッカリスタッフにイライラさせられて本当に不愉快でした。

あと物販での誘導や案内にも同じくガッカリしたので、どこの派遣だよってイラッとしました。

トレーディング集団ってだいたいにして他人の迷惑をわかってない人が多いとは思っていましたが(去年のらぶフェスで)スタッフの誘導がないと益々酷いんだなあとスタミュミュで知りました。一つ学びましたのでトレーディング集団邪魔だなあって今後思うことでしょう。

スタッフが案内している以外の場所でトレーディング始めたりするのでわりと害悪集団という認識です。あとトレーディング相手求めてうろうろもしているから本当に別の場所でやってくれって気持ちが高まる今回の経験でした。

大阪ではそのあたりきちんと解消されているといいんですけどね。

いや、本当に今回のミュミュ遠征でトレーディング集団への印象がマイナスに落ちたので、どうにかなくなってほしいですね。

ここまで愚痴。

ミュージカル刀剣乱舞三百年の子守唄3/24ソワレ感想

先行全落ちした悲しみのままどうにか手に入れた当日引換券と2.5Dカフェのチケットを片手に天狼傳やらぶフェス遠征のときよりも荷物を減らして遠征しました。

この日は1公演だけということで昼間は時間がかなりあったので、原宿近辺うろうろしたりしました。歩き回ったので疲れました。

2.5Dカフェでは店員さんの運に恵まれたのか、物吉、今剣、村正、蜂須賀(入手順)のコースターを手に入れました。春色カラーの刀ミュ推し4人を見事に揃えることができたので大変満足です。

ただこちら、胃袋が小さい自覚のある方はお弁当はお持ち帰りがベストです。ドリンク三杯飲んでデザートをってのはかなり厳しいです。私は無理でした、ごめんなさい。できることならちゃんと食べきりたかった……。

そんな後悔を抱えつつ観劇した刀ミュ三百年(みほとせ)の子守唄の感想です。

今回何回パンフレット見ても曲目が見つけられなくて、曲名不明のため、何曲あるかもよくわかってないです。メモを取らない初見にはきついです。

一応ゲネレポからタイトルはわかります。こちらとかこちらから。でもなんで今回パンフレットに記載がないんでしょう?

では伏せ字なしの感想です。

以下ネタバレしかありません。あと聞き間違いとかあると思いますし、そもそもうろ覚えの部分も多いので、そういうニュアンスと受け取ってください。

あ、それからやっぱり三百年の子守唄を観る前に阿津賀志山異聞の視聴を強くお勧めします。らぶフェスは番外編みたいな感じなので見なくてもいいと思います。

 

前提として先ず私は浅井長政様が大好きです。お市様も含めて。これは戦国無双の影響が多分にありますが、わりとどの作品でもこの夫婦は好きなので概念として浅井夫婦が好きなのでしょう。
さらに石田三成が好きです。出会いは戦国無双2以下略。

そして三百年の子守唄の人間キャストは徳川家康松平信康です!

お察し下さい。

トーリーの感想というか、客席の他の方の反応を感じた上で抱いたのが泣ける話ではないというものでした。

近くの席の方で泣いているらしい音を出している方がいた一方で、その割合としては天狼傳よりくるものは少ないと思います。あと西軍が好きだったり徳川家に思い入れがないとか他の武将が好きだという方にもちょっと泣ける感じではないでしょうね。

個人的に泣けなかった理由も書きつつ、いろいろ整理しながら書きます。

ところでネタバレされたくなくてツイッターで私より観劇早いフォロワーをミュートかけていったんですが、ステージナタリー貴様は許さない。ツイート内容にネタバレ含めた罪は重いぞ。

 

キャラクター

石切丸

心の優しい御神刀様。服部半蔵(正成)に成り代わる。今回の隊長(今回は第一部隊ではないみたいですね)。審神者Pから直接言葉をもらう役割。

竹千代の子育てを思いつき実行するのは心の優しさからか。

阿津賀志山では今剣の気持ちを慮って加州を諭す役回りではあったけれど、今回は石切丸自身が悩みや葛藤、迷いに苦しむ姿がメインだったように思います。ストーリーの語り部が石切丸だからというのもあるでしょう。

冒頭から今回は石切丸が日記、冊子に今回の出来事を記すところから始まっているため、ある意味で語り部は石切丸と言えるでしょう。全体の石切丸が見ていないところをやっていても。

度々彼の書き記したものを読み上げる場面が入りますが、一番印象に残っているのは迷いを記したページを破ってぐしゃぐしゃにしていたのが本当に胸に来ました。

石切丸が普段見せる穏やかさの下に隠されている内面の荒れた様子というのが本当に切ないシーンでした。その表情もまたね……苦しそうだったのが。こんなの書き残してはいけないみたいなのも見え隠れして本当につらい。

加えて言うなら何度か歌われる風車の歌。これがまた余計に切なくさせるものだから……。

行間からキャラの心情を考えるのが大好きな人間としては石切丸がこの物語で選んできた選択肢のひとつひとつがとても重たいもので、だからこそ心の優しい御神刀だと強く感じることができました。

今回も阿津賀志山の時同様厳しいことを言う場面がありました。

倶利伽羅に対して君の剣は軽いとはっきりと告げた場面はやっぱり石切丸の隠しようのない苛立ちがあったように思います。

戦によって多くの人々の血が流れることが彼にとってやり場のない怒りを生んでしまう。それは御神刀が心優しいから……と考えて、本当につらい。

でもこれは御神刀だからというだけじゃなくて、きっと彼が刀剣男士になって人間と過ごす時間が長くなったからこそだったのかもしれない。

多分二回目以降は石切丸の気持ちに寄り添えたら泣くかもしれない。

そういえば竹千代にはらきよを教えているのには「本性出てる出てる!」ってなりましたね!(笑)御神刀の本性(笑)

 

にっかり青江

滅茶苦茶格好いい刀。本当に格好いい。脇差だからかなのか周囲というよりも石切丸と回想があるだけに他よりも繋がりがあるようでお見通しのよう。大脇差の誰かの気持ちに寄り添える姿がただ格好良くて震えた。

このにっかり青江は間違いなく、丸亀コラボのあの書き下ろしイラスト。

酒井忠次に成り代わる。信濃藤四郎関係者だ!となる信濃くん好き)ちなみに石切丸との回想「神剣までの道」は随分前に発生済みのよう。

 基本的に格好いい。物吉くんとの体格差も相まって、大脇差格好いいと言うしかない。

冒頭はこの青江と大倶利伽羅の二人が岡崎城付近に遠征に出ていたところから始まるわけですが、青江節(意味深発言)はちゃんとそこかしこに出てましたね。

ちょっと審神者Pがなにを思ってこの二人で遠征にしたのかよくわかりませんが(条件が打刀と脇差だったのだろうか、それともレベルの都合なのか、面白がったのか)この二人だったからこそ、この物語が始まった……という感じでした。

竹千代……後の家康になる赤ん坊を託されたのが青江という時点で「うおおおお……」と震える。だってどうしたって無理ですよ、にっかり笑った女とその女の腕にいた赤子を斬り伏せたという伝説のある刀が、その腕に赤ん坊を抱くんですよ。

もう冒頭から息を呑みましたよ。まあ名だたる武将たちが次々と討ち死にしていってる時点で「えっこれどうなるの、おいおい!?」と息を呑んでハラハラしていましたが。

そうして始まる子育て……でしたが、乳母車をツーンとした感じでていっと押し出してガラガラガラーッと滑らせていたのに笑いました。いや、本当に出落ちか!?ってくらいにいきなりだったので面白かったんですよ。

この竹千代との出会いによって神剣になれたのかもしれないよみたいなことを石切丸が言っていたのを聞いて、もう青江が竹千代を受け取り守っていた意味を理解しました。よかったね青江……神君家康公のための神刀になれてよかったね。

誰に知られることがなくてもそれに値する存在になったことは、青江にとって胸のつかえやこぶがなくなる出来事であり、それを石切丸から指摘されたのは良かったねえ……となりました。

青江にとってはこの物語は神剣になるための物語だったかもしれない。

見ていた角度のせいか、にっかり青江が頻繁に小首を傾げているように見えたのが凄くあざといなポイントあげたいです(笑)

目が隠れている方に頭をすこし傾けているように見えたんですよね。次に観るときはその辺りもう少し注意してみてもいいかもしれませんね。

それと個人的にツボというか、結構気になった、気に入ったのが刀を納めたあとに、白装束で刀を隠すような動作をするところ。

にっかり青江を観ていて思ったのが兎に角「立ち絵再現が多い」という点。

この刀を白装束で隠すというのも、つまりは立ち絵の再現なんだと思います。通常時の立ち絵再現のためにサッと白装束で刀を隠す素振りGoodです。好き。

そして戦闘でも度々戦闘立ち絵のポーズを取ってくれているのがすごくわかりやすい。上段に構えるからわかりやすいんですよね。そしてその時つい白装束のひらひらを目で追ってしまいます。ひらひらしたもの大好き。

 

千子村正

 太田基裕村正(通称もっくん村正)が今回の最推し。正直キャラビジュ公開されて、第一印象からそんな気はしてました。私のこの手の第一印象が外れることはこれまでありませんでしたが、動いている姿を見てやはり目で追わずにはいられませんでした。詳細は後回しにします。

脱ぎたがりのムードメーカー。鍛刀キャンペーンで見事お迎えされたのか(無理でした)鍛刀場産でいきなり歌い出す。ロックでハイテンションで高音が凄い。AiiAの音響じゃなかったらもっと高音綺麗に聞こえたかもしれない。この誕生ソングの高音が好き。

台詞自体はそれだけで見ると嫌味に聞こえるものが多い印象。あと皮肉屋のようにも見えるでしょうか。妖刀という伝説を持つからこそ妖刀でなくなったらどうなるんでしょうと投げかけたり、妖刀であることに強く存在意義を見出しているよう。いや、当然なんですけどね。

妖刀ではない村正はいったい励起されるほどの刀になり得たでしょうか?みたいな疑問も生まれるかもしれませんね。何度も妖刀に関する発言をしていましたから。

井伊の赤備え井伊直政成り代わり。勇猛果敢な武将に成り代わることを選んだ妖刀村正の戦意の高さが窺えます。

しかしながら井伊家誰が亡くなってたんですかね?そもそも井伊家普通にしてても直政の親世代死ぬからなあ……。

それとは別にして直虎ちゃんが生きているなら直虎ちゃんを母と呼ぶ村正がいるかもしれないってことになんだかこう……ただならぬ萌えを感じます。あのブリキみたいにきびきびぎこぎこ動く村正直政が母と……。アッカーーーン見た過ぎる!というかこれはわりとどのキャラでもそうなんですけどね。

で、この村正から目が離せない理由が太ももです。

太ももです。

太ももチラリズムです。

大事なことなので三回言いました。

そう、私太ももがとても好きなのです。太ももが見えてないキャラよりは太ももがちらりとでも見えているキャラの方が好きなんです。FF13ライトニングさん然り、TOXのミラ様然り……。加えて太田さんがムキムキ過ぎないのが大変好ましいです。

しかももっくん村正はなにかというとスリットから太もも覗かせるように動くので……もう視線が釘付けなんです。スリットに手を入れて裾を後ろに払う動きが本当に最高なんですよ。そして腰を上げるようなモデル歩きみたいな動作も……イイ。

あとカテコのときだったかな?階段を駆け上がっていくときにも同じようにスリットに手を入れて足を動かしやすいようにしていたものですから上手にいた審神者からは村正の太ももが大変拝みやすかったです。

太ももありがとう。太もも枠本当に嬉しかった。

ちなみにこの日の禊はこの人でした。

審神者、髪留め外したい!もふっとね!

 

蜻蛉切

苦労人、どう足掻いても本多忠勝(戦国2で聞き慣れたあのBGM付きで)以外にはなりようがない。本多忠勝が大好き。

そして天然の気配を察知――!

可愛いです。

多分今作の中で一番天然可愛いの地位にいます。本気で天然可愛い枠だと確信している。何故なら髪を触る仕草とか、村正に翻弄されている様子とか、赤ちゃん相手にわたわたした感じとか本当に可愛いやつです。

ごめん、蜻蛉切可愛いなお前しかないです本当に。しかもこの日の禊で村正の押せ押せVS物吉の秒速拒否がツボって階段に伏せて笑っていたのが本当になんか可愛いしかなかったので、ここがハイライトで最高に可愛かったです。フンッ!

めっちゃ円盤に入れてほしい……。

姉川の戦いで朝倉勢相手に奮戦する蜻蛉切を見て胸を痛めるしかない審神者でした。つらい……姉川の戦いはつらいよ……長政様……長政様……うっ……。

姉川での遣り取りとか蜻蛉切の成長やら物吉の発破をかける流れがわりとコメディみたいな感じなんですけど、個人的にはもう姉川の戦いでやっているという時点で無理でした。つらすぎる。

今すぐコントローラーを握って姉川の戦いお市様や長政様で蹂躙したい……。

 

物吉貞宗

結構雄々しいぞものよしくん!鳥居元忠を選ぶだけはあるなあと納得ですね。まあ私が鳥居元忠の事前知識で頭に入っていたのは家康の家臣で関ヶ原の戦い前に伏見城の戦いで死んでいるということだけなんですが。

なんというか、第一印象としては声を作ってない。というのが真っ先にありました。パンフのインタビュー見て理解しましたけどね。そして雄々しさに合わせてすごく人間らしいです。これが一番驚きました。

ゲームの回想を見ていると神様~!という印象がとても強いんですよね。

けれどこの三百年の子守唄の物語を見ると、物吉がこれほどまでに人間臭くなるのもわかるような気がします。

家康が竹千代の時代からすぐ傍らで子育てをして、何十年も側にいるんですものね。愛着を持って気持ちがより人間になるのも納得です。それでなくとも本丸には全然戻らずに過ごしていたでしょうから。

それとも報告にくらいは時々戻っていたのかな?天狼傳の国広みたいにちょっと時間遡行して話聞いて本丸に戻るってのを。まあだとしても徳川家に仕える数十年の時間は彼らに当然流れていたわけですからね。

数十年分の時間を人間として振る舞うように過ごしていたら、人間臭くもなるでしょう。

殺陣の動きとしてはやっぱり脇差です。The脇差っていう感じがします。大脇差の青江とはやっぱり違いますね。

そういえば度々村正に脱ぎまショウと迫られて逃げていたの面白かったです。でも二部ではドライにお断りしてるからさらに笑いました。断り方の温度差(笑)

きらきらを竹千代と歌うのサンキューすぎました。今剣本丸でよく歌っているのかな?だとしたら今剣可愛すぎです。

 

倶利伽羅

榊原康正成り代わりの慣れ合わないマンかと思ったらお前チョロすぎて審神者心配だよ案件の塊でした。吾兵と一番関わる人。どうでもいいですけど人間組では吾兵推しです。百歩譲っても家康は推せないです……宗教上の都合で……ごめんなさい。(苦渋)

さらにどうでもいい話なんですが戦国でも榊原さんはモ武将でよく見るなあというレベルです。

他人との別れに弱い大倶利伽羅可愛いかよ案件。墓参りのお花が吾兵の墓前で揺れる日はいつ来るのか。

そして竹千代相手に膝を突いて頭を下げている姿がなんか良いです。とても良い。

最後、石切丸の手記を見てフッと笑ったように見えたのですが、あそこ笑いました?笑ってましたか?遠目に笑っていたような、優しい穏やかな表情をしているように見えて息を呑みました。

石切丸が書いた大倶利伽羅の似顔絵見て笑ったの?それとも他の人の似顔絵見て笑ったの?とか思ったりしたんですけど……気になる。ライビュの画面でそこのところはっきりさせたいですね。

倶利伽羅。やはり台詞の全体量としては少ないように感じました。が、その分表情や仕草での細かい演技が多い。彼を見ないとその機微に気づかないことが多いでしょう。

刀の鞘や柄の握り方や触り方一つとってもいろいろで、そうした細かいところを是非見て欲しい。そしてこれは全景映像になるととてもわかりにくいな!!とちょっと思いました。

倶利伽羅の全身が入るくらいにカメラ近づけるくらいが理想なのでは?こいつ……カメラ的に難しい気配!!

というのはさておき、軽い剣と石切丸に言われた大倶利伽羅が吾兵の死の後に剣の重みが変わったことが最高でした。

 

今回とうとう検非違使が登場しました。一人だけだけど。

でももうね、すっごい強そうだ……(小並感)って感じになる、防御力高くて攻撃力も高いっていうのがびしばし伝わってくるデザインとカラーリングと存在感で驚きました。

場の演出からなんか違うぞ?とは思っていましたが、あまりにも存在感が強すぎる。

今回はその戦闘が省かれましたが、後々の物語で検非違使が関係してくる可能性は充分にあり得ますね。

しかし今回は検非違使相手にあれだけ苦戦したのは絶対に石切丸のレベルのせいですね(ゲーム脳)ってのはさておき、頑なに脱がないのには笑いました、ちょっと。今後も真剣必殺はしない方針なんでしょうか?気になるなあ。

二刀開眼もなかったし。演出がんばってください!

 

天狼傳では安定が新撰組に潜入していましたが、この潜入期間を長く見積もっても十ヶ月位と想定すると、今回の三百年組の子育て期間の長さに戦きますよね。

それだけ長い間主である審神者Pから離れていても、最後には審神者Pのところに戻って来る刀剣男士たち……。

どれだけ嫌であっても審神者を裏切れない機構があるのか、使命感が強いのかわかりませんが、これってちょっと怖いですね。

何十年離れていても刀剣男士は審神者の下にしか戻る場所がないとも思えるし……。審神者を裏切れないようになっているとも思えるし……。

あれだけ家康・信康を育てて側にいた彼らが過たず成り代わった人間が死ぬべきタイミングできっちり引き揚げていってるの凄いし、殺さなきゃいけない人間を殺しているのも凄いし、見殺しにしなきゃいけない存在を見殺しにしているのも凄い。

信康くんは吾兵という存在になることで信康としての人生を殺してましたが。吾兵という存在は歴史の流れから見て、殺される必要のない存在だった。生きていても些かの問題もない存在だったんですね。

それともあれは家康が生き延びていてほしいと思った幻だったのかな?

看取るのも、幻としてだからいけたのかな?それとも本当に家康が今際の際に見た幻だったのかな?

解釈の余地はやはりいろいろありそうです。

 

ところで西軍というか三成好きとしてはですね?豊臣の世だって末永く子守唄が聞こえる世を作れたかもしれないじゃないですか!!って内心泣きながら思ったりもしました。

徳川め……徳川め……。お前がなあ、豊臣政権を乗っ取らなきゃどうなってたかわからねーだろ!!みたいな気持ちが消えないです、はい。

 

大変関係あるようなないような豆知識として、各人が成り代わった人物の没順がこちら。

酒井>服部>鳥居>井伊>榊原>忠勝

忠勝はそういえば大阪の陣には参加できなかっただけで関ヶ原は現役だったと思い出しました。

ということで青江が去り、石切丸が去り、物吉が去り、村正が去り、大倶利伽羅が去り、蜻蛉切が最後に去ったわけですね。

長くいた家臣の刀剣男士が死んだことにして本丸へと引き揚げていくその時を家康はどんな気持ちで迎え、刀剣男士たちはどんな気持ちで家康と会わなくなり本丸に引き揚げていったんでしょう。

考えると切ないね。

ちなみに私はなんらかの効果で家康たち現地の人間には刀剣男士たちが人間としてそう見えるべき年齢の姿として見えていると解釈しています。あと姿とかも。

だから鳥居物吉はいつまでも少年の姿ではなくちゃんと大人の姿として家康たちには見えているといった風に。

 

ところでこうして歴史上の人物に成り代わった刀剣男士たちなんですが、これワンチャン彼らが妻帯していた可能性ありますよね。

ということで興奮しますね!

ただの人間の暮らしに交わることで家族を持つことになった刀剣男士たち!すごい!楽しい!!ありがとう!

だってまさかお家を断絶させるわけにはいきませんからね。現代まで続いている血筋もあるわけですから。

ということは少なくとも分家筋なんかから養子を取っていたかもしれないし、あるいは全く血の繋がりのない子供を拾ってきて家の子として育てたかもしれないし、なんだったら奥さん娶って子作りしたかもしれないし、他の男との間に子供を作らせてそれを自分の子と偽っていたかもしれないし……もう夢が広がりまくりですよ、三百年の子守唄。

面白い設定をありがとうございます。深読みするの楽しいです。

 

二部

にっかりと大倶利伽羅の青赤コンビと物吉と石切丸のピンク緑コンビのデュエット曲。

ドンウォーリーッ!が可愛すぎて緑とピンク振るの楽しかったです。めっちゃドンウォーリーッ!って言いたくなる曲でした。

禊は上にも書きましたが村正回。もふもふの髪の毛の髪飾りを外して良いのは主だけなんだってさ!村正めちゃくちゃ可愛いこと言いますね、可愛い。

まあ物吉と村正の遣り取りのせいで爆笑してしまった蜻蛉切がその上をいく可愛さだったわけですが。見ているこっちまでつられて笑ってしまう震えっぷりでした。

ちなみに前振りとなるお題は幸運を届ける僕が逆に幸運になっちゃうようなかっこいいセリフ ってことで最初「物吉くんなに言ってるの???」って笑ってしまいましたね。

漢道がなくなりました。さ、寂しい~!とは言え新曲も嫌いじゃないです。思い出せませんが!

五色?六色?の布がついた鈴。神楽で使う鈴ということでいいのでしょうか?ひらひらがあって好みです。

ファンサ曲はバラードっぽい曲だったでしょうか……うーん、思い出せないしセトリがないからタイトルから目星もつけられない……。

客降りでは間近に石切丸が来てくれたので、なんかもう緑の漢道ペンライトを思い切り振るしかなかったです。行きも帰りも通ってくれて本当にありがとうございます!

生で間近から見る石切丸はなんかもうすごかった……すごかった……。石切丸のことしか覚えてない。はけていく時、誰かが先に通っていったんですが、それが誰だったかも思い出せないレベルで石切丸に意識が行っていて、わりとびっくりします。脳味噌のキャパ小さすぎか。

 

ゲネレポまとめ

gamebiz.jp

www.youtube.com

www.famitsu.com

dengekionline.com

natalie.mu

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com村正の曲がちょっと流れる。

www.miraikanai.ch

動画もあります。かざぐるまなど複数の曲がすこし聞けます。